中学受験が終わり、4月からは憧れの中学校生活。

 

中学時代を楽しく過ごせるかどうかは、

選んだ部活によるところが大きいというのも事実。

 

保護者の方は、経験済みだから

わかっているはずなんですが・・・

 

自分の子供となると過剰に干渉したくなるもの。。。

 

気持ちはよーく分かるのですけどね。

 

ここでは、

・私立中学の部活の選び方、仮入部期間って何?

・後悔しない部活の入り方とは?

・途中で部活をやめた理由

について現役女子中学生ママの口コミとともに

お伝えします。

Sposored Link

私立中学の部活の選び方、仮入部期間って何?

バスケット部

小学校の時は、習い事も途中で諦めて

受験勉強に集中したお子様が多いと思います。

 

中学受験の良さは、高校受験がないので、

6年間(実質5年間くらい)、

部活動に集中できるというメリットが有るんですね。

 

小学校時代のインドア生活から脱出、

体を動かす運動部に入って欲しい

と願う保護者の方が多いのも事実です。。。

 

中学受験は、親と子の二人三脚だったせいもあり、

なぜか中学の部活動にまで

保護者の介入があったりするので

ちょっとびっくりしています。

 

もちろん、お子様のためを思っての介入だと

思うのですが、、、

良かれと思ってひいたレールは、

必ずしもいい方向には向かっていきません。

 

一番いいのは、やはり本人がやりたいと思うものを

見つけるためにアドバイスをしてあげることです。

 

保護者の方は、お子様を

少し離れたところで、見守るというのが、

中学で楽しく過ごさせるための秘訣だと思います。

 

部活の選び方

どんな部活があるのか、知りたい!

 

部活動の紹介

部活の紹介は、学校にもよりますが、

オリエンテーションのような時間に、

各クラブの活動を紹介しているビデオを見て

全体像を把握します。

 

文化部にはどんなクラブがあって、

運動部にはこういうクラブがある。。。

 

細かい内容までは見えなくても、

このビデオを見るだけで、

興味のあるクラブと

絶対に入りたくないクラブに

分けられると思います。

 

この情報を元に行動しなければなりません。

 

まずは、興味のあるクラブを

ピックアップすることから始めましょう!

 

仮入部期間って何?

期間は、学校によってもさまざまですが、

ゴールデンウィークまでとか、

4月の終わりまでなど最低でも

1ヶ月くらいは仮入部期間というものが

設けてあります。

 

その内容は、

「仮入部」という言葉のとおり、

仮に入部する意思表示をすることで、

実際にそのクラブがどんな活動をしているのかを

見学することができる期間です。

 

クラブによっては、

体験もさせてもらえるようなので、

見ているだけだはわからない、

練習の大変さなども味わうことができます。

 

仮入部の期間なら、思ってたよりも楽しくないな!

と思えば、本入部しなくても大丈夫!

 

また他のクラブに仮入部して

自分に合ったクラブ探しを再開できます。

 

ちなみに、我が家の娘は

バトミントン部と軽音楽部の2つ、

仮入部させてもらい、

バトミントン部は、

練習がつまらなかったという理由で、

軽音楽部に決めたようです。

 

お友達のママ友の話をまとめると、

多い子では、6クラブ、

平均して3クラブ位は、

仮入部していたようですね。

 

小学校時代からここの学校の

このクラブに入りたいから中学受験した!

というお子様も中にはいらっしゃいます。

 

例えば、全国大会制覇した陸上部がある学校や、

全国大会金賞を受賞した吹奏楽部に

憧れて受験したお子さまなどですね。

 

そういう特別なお子様以外は、

仮入部期間をうまく利用して、

自分がこれから取り組むクラブ、

どれが向いているのか・・・

リサーチすることが大事です。

 

このリサーチがしっかりできずに

保護者の意思だけとか、

お友達が入るからとか・・・

 

自分の意志を持たずに

クラブを選んでしまうと

6年間残念なことに

なってしまうかもしれませんよ!

Sposored Link

後悔しない部活の入り方

学校

部活で後悔というと、、、

やはり、途中で辞めて

帰宅部になってしまうことだと思います。

 

初めは楽しそうに部活に励んでいたのに、

ある時からパッタリと部活の話をしなくなり、

帰って来る時間が妙に早いなぁ~

と思っていたら、退部していた。。。

なんて話、よくあります。

 

また、お腹が痛い、頭が痛いと

学校を休みがちになり、

様子が変だから本人に聞いてみると、

部活が原因だったなんて話・・・

よく耳にします。

 

部活が辛くてとか、

先輩が厳しくてなど、、、

学校に行くと部活に出なくてはならないので、

学校に行きたくなくなってしまった

というわけですね。

 

何のために大変な思いをして入学したのか?

 

保護者の方は悔しい気持ちで一杯になりますよね?

 

途中で部活動を辞めてしまうのは、

はっきり言って、

”根性がない”というところも

大きな理由ではありますが、

コレばかりは個人差がありますからね。

 

お子様の根性、どのくらいなのか?

保護者の方は、ご自身の中学生時代を

思い出してみたらわかると思いますよ。

 

昔からそうですが、

運動部は練習もかなりキツイですが、

それ以上に先輩後輩の上下関係が厳しいです。

 

特に每年大会でいい成績を残すような部活は、

各地から集ってくるので、

ハンパない厳しさのようです。

 

文化部も、強い部活(吹奏楽部)や

伝統のある部活は

運動部ほどではありませんが、

上下関係、練習の厳しさはあるようです。

 

文化部だから大丈夫だというのではなく、

クラブそのものの特徴を仮入部の時に

観察することが大事です。

 

仮入部した時に見極めるたった2つのポイント

・上下関係は厳しいか・厳しくないか?

・練習は厳しいか・厳しくないか?

 

 

上下関係に関しては、自分のクラブの上下関係を

暴露するクラブはなくても、

他の厳しいクラブのことは教えてくれるみたいです。

 

 

たとえば、

「他に、どこのクラブに仮入部しているの?」

 

・・・ダンス部です。

 

「あ~、本当にダンスをやりたい人は続くけど、

カッコイイからとかでは厳しすぎてムリだよ!」

 

という感じです。

 

また、紹介ビデオのメッセージも重要です。

 

娘の学校のテニス部などは

「やる気のある人だけ来てください」

と紹介ビデオの最後にあったようで、

やる気のある人しか行く気にならないはずです。

 

実際、テニス部は練習も、

上下関係もかなり厳しいようですね。

 

卒業生や在校生にお姉さんがいる人の情報を得る

私立中学に通うと、姉妹でとか兄弟で

同じ学校に通われている方が、結構います。

 

レアな情報も得られるので

姉妹情報をゲットできると間違いないですね。

 

 

同じ学校にお姉さんがいるのはどの人か?

というのを知る方法は、、、

◆初めての保護者会のときの自己紹介で、

姉が高1にいますとか、兄が卒業生です。

などなど・・・

ご自身で告白される方が多いです。

 

 

◆子供同士の会話で、

最初の頃、相手のことがよくわからないので、

うちのお姉ちゃんも同じ学校なんだよ~。

とネタとして話の中に出て来るそうです。

 

仮入部期間も、お弁当の時間に

「●●部、辞めたほうがいいよ!

先輩、チョー厳しいらしい!」とか、

お姉さんからもらっている情報を

惜しみなく、みんなにバラしてくれます。

 

姉妹情報は、1番信頼できる

と言っても過言ではないくらい

使える情報なので、

子供の感覚で子供同士の会話の中で

ゲットしてくれるといいですね。

 

もう一つ、部活の選び方で

気をつけなくてはならないことがあります。

それは、保護者の意見を押し付けないということです。

 

小学校時代に運動ができていないから、

運動部の中から決めなさいと保護者に言われ、

入りたい部活が他にあるのにもかかわらず、

親の言いつけを守って運動部に入る。。。

 

こういうお子さんは、

だいたい3ヶ月たたないうちに

辞めてしまいますね。

 

そのまま他の部活(文化部)に入って

いきいきと過ごせるお子さんはいいですが、

だいたい帰宅部になってしまいます。

 

辞めることになった理由にもよりますが、

クラブ活動がイヤになる場合が多いですからね。

 

なんでもそうですが、

最初の選択って、とても大事なんです。

 

継続することが難しい部活に入るより、

部活に行くのが楽しい!と思える部活を選んだほうが、

共通の仲間に出会えるし、

継続することで充実感も得られます。

 

多かれ少なかれ、

上下関係も学べますし・・・。

 

6年間を楽しく過ごせるように、

部活の選択、間違わないようにしてくださいね。

Sposored Link

途中で部活をやめた理由

居眠り

何人かのお友達のママに、

部活を継続できなかった理由を

聞くことができましたので、シェアしますね。

 

新体操部 Aさん(3ヶ月)

新体操を、元々習っていたので、

自分の意志で入リました。

 

先輩は問題なかったのですが、

同期の中で人間関係がうまく行かず、

大好きだった体操も嫌いになってしまいました。

 

このまま続けていても、

学校が楽しくなくなってしまうので、

辞めてまんがクラブに入り

楽しく活動しています。

 

 

テニス部 Bさん(夏休みまで)

テニス部は、やる気のある人だけという

ビデオ通り、練習がきつかったです。

 

もちろん、好きなテニスなので、

練習が厳しいのは覚悟の上で入りました。

 

ただ、勉強との両立が難しく、

夜、宿題をやっている間に

眠くなってしまうので、

 

先生に何度か部活に出ないで

課題を提出するよう指示され、

やる気がなくなってしまいました。

 

文化部に入ろうと思ったけど、

勉強との両立を考えると、

帰宅部が気楽でいい気がします。

 

ダンス部 Cさん(3ヶ月)

親に運動部に入れと言われ、

ダンスぐらいしか興味が持てなかったので

入ってみたけど、厳しすぎた!

 

先輩と同じ車両に乗ってはいけないとか、

色々ルールが厳しくて楽しく過ごせなかったのが

やめた理由です。

 

入りたかった家庭科部に入ってたら、

楽しく学校に行けてたのに・・・。

 

あとから部活に入る勇気がなく、

今は、帰宅部です。

 

部活を辞める理由の多い、

人間関係、勉強との両立、

やりたい部活ではなかったという

3つのパターンでしたね。

 

自分の子供は関係ないと思わず、

悲しい思いをしないように

部活は慎重にリサーチして決めたほうが

いいですね。

 

 

Aさんは、やり直しが出来て

本当に良かったと思います。

 

反面、BさんとCさんは、

残念ながらクラブ活動への意欲が

なくなってしまったようです。

 

あと5年間、帰宅部のままではなく、

新しいクラブに目が向いてくれることを

願っています。

 

今回は、

・私立中学の部活の選び方、仮入部期間って何?

・後悔しない部活の入り方とは?

・途中で部活をやめた理由

について現役女子中学生ママの口コミとともに

お伝えしました。

 

お子さんが、入って良かったと思える

部活に出会えることを祈ってます。