私立中学に通わせたいと思ったきっかけは、

多かれ少なかれ、授業の質が良い事を

期待してのことだと思います。

 

そんな私立中学の授業参観が、

どんな感じなのか?

気になるのではないでしょうか?

 

ここでは、

・私立中学の授業参観の参加率はどのくらい?年に何回ある?

・授業参観のオススメ教科は?

・私立中学の授業参観に行くときの服装は?

について現役女子中学生ママの口コミを交えながら

お伝えします。

Sposored Link

私立中学の授業参観の参加率はどのくらい?年に何回ある?

授業参観

最初の授業参観は、

5月に1回めを行う学校が多いようです。

 

我が家の娘の学校も、

息子の学校も5月に授業参観でしたし、

お友達の学校の情報を聞いても、

5月に集中していますね。

 

どんな感じの授業参観なの?

 

●月●日の●時間目と言うような

小学校の時の限られた時間のみの

授業参観とは異なり、

一日中いつでも見学OKの

学校公開日みたいなイメージです。

 

1時間目だけ見て帰ってもいいし、

1~5時間目まで全部見ても良いんです。

 

さすがに、全教科見るのは疲れるので、

カフェなどで休憩を入れながら

ピックアップした教科だけを見る

保護者の方が多いですけどね。

 

授業参観の科目は?

 

基本的には、

授業参観の日の時間割がそのまま

授業参観の科目になっていますが、

芸術的な科目ばかりの時間割のクラスは、

英語や数学と入れ変えたりするようです。

 

音楽や家庭科などの科目を見るのは楽しいですが、

数学や英語といった主要な科目の授業も

見たいはずですからね。

 

さて、初めての私立中学の授業参観なので、

ほとんどの保護者の方が来るのかな?

と思っていたのですが、、、

コミコミの授業参観ではなかったです。

 

何時間目からでも

自由に出入りできることから

バラけているのかもしれませんね。

 

同時に見ていたのは、

多くても半分から3分の2くらいの

保護者の方でしょうか?

 

見に来た保護者は、

入り口にある名簿に

チェックを入れるのですが、

全員分のチェックがついていたわけではありません。

 

ところどころ空欄になっていたのですが、

我が家の娘のクラス42人中、

来ていない方は8人くらいかな?

 

お隣のクラスも、10人位の方が

欠席だったとか。。。

 

ちなみに、息子の中学の時は、

保護者の立っている場所、

コミコミになるほどの参加率だったので、

一度教室に入ると、

出るのが大変だったのを覚えています。

 

教育熱心なママさんが多かったのか?

もしかすると、子供を放おっておけない

保護者の方が多かったのかもしれません。

 

最初の授業参観を欠席した保護者の方は、

40人中2人だけでしたから。。。

 

すごい出席率だと思っていたら、

クラスメイトのお姉ちゃんの女子校は、

最初の授業参観は、100%の出席率で、

1年間は、ほとんど全員が出席していた

という学校もあるようです。

 

授業参観は、1年に何回くらいあるのか?

というのも気になるところだと思います。

 

これも、学校によってマチマチなのですが、

お友達の通っている私立中学の話を聞いてみると、

1学期に1回、2学期に1回の

計2回のところが多いですね。

 

ちなみに我が家の娘の学校は、

5月に1回あったのみです。

 

小学校の時の授業参観が、毎月あったので、

なんだか拍子抜けなのですが、

見に来て欲しくない年齢なのを

学校側も悟っているのかなと。。。

 

 

逆に息子の学校の授業参観は、

1年に3回もあったんですよね。

「来なくていいよ!」と言われていたので、

こっそり見てましたが。。。

 

ママ友との会話で、授業参観に来るなと

言われていないママさんは、

7人中、1人だけでした。

 

恥ずかしい年頃なのかもしれませんね。

 

入学してからすぐに、

学校から年間予定表をもらうと思うので、

授業参観の日は、チェックしておきましょう!

Sposored Link

授業参観のオススメ教科は?

教科書

私立中学の授業参観は、

数学と英語を見に来る保護者の方が

多いといいます。。。

 

主要科目の授業がどんな感じなのか、

気になるからでしょうね。

 

レベル的なものもそうですが、

授業のわかりやすさや、

どのお友だちが賢いのか?

ということもわかりますからね。

 

また、お子様に各教科の先生の話を

聞いてみるのも良いかもしれませんね。

 

子供の話っぷりが

なんだか楽しそうな先生だと、

授業も楽しそうですよね?

 

 

授業参観の科目が、国語の時は、

あまり楽しいイメージがなく、

見たいと思ったことがなかったのですが、

娘が、国語は見たほうがいいかも!!

と言うので、授業参観の国語に

初参加してみることに。。。

 

実際参加してみた国語の授業参観は、

どのママさんも口にしていたこと。。。

 

国語の授業って、

こんなにも楽しくできるんだね?

という声がものすごく多かったです。

 

子供たちが授業に惹き込まれていく感覚を

感じ取ることができました。

 

実際見ているママさん、

誰1人として退屈に傍観している人、

いなかったと思いますよ。

 

活発な意見交換をしながら

ドンドン授業を盛り上げていく

先生の指導力がハンパなかったです。

 

国語は、眠くなる授業だ

と思いこんでいましたが、

魅力的な授業をする先生もいるんだなと

充実した授業参観を体験できました。

 

 

私立中学生は、電車に乗って通学という

ちょっぴり大人の世界に仲間入りし、

精神面でもおませな部分が出てきてる

お子様も多いと聞きます。

 

授業参観にはできることなら来てほしくない

と思い始めていても不思議ではない時期だ

ということを頭に入れて、

お子さんとの会話の中で、

参観に行く口実をゲットするのも

良い方法かもしれませんね。

 

ということで、

授業参観オススメの教科は、

数学と英語を押さえつつも、

お子様が絶対来ないで

という教科は行かずに我慢し、

来てもいいという教科のみ

参加するのがベストです。

 

ある程度、学校の先生と子供を信頼し、

任せて見守ることに徹底したほうが

中高一貫校では

うまくいくような気がするからです。

 

だからといってまるで放任では、

まだダメだと思うのですけどね。

 

見てるよ!的な行動をアピールしながら

離れたところで見守る。。。

 

微妙なさじ加減で学校とも、

子供ともつながっているのが大事なようです。

Sposored Link

私立中学の授業参観に行くときの服装は?

清楚な服装

私立中学の授業参観と公立小学校の

授業参観が大きく違うところは、

電車に乗って行くというところです。

 

ちょっと家事の合間に、

自転車で2時間目だけを見に行く事ができた

公立の小学校の授業参観とは違い、

ある程度整った服装で参加する必要があります。

 

ほとんどの保護者の方は、

スーツやドレッシーなワンピース、

ツーピースなど

清楚な服装で参加しています。

 

小学校の時に見かけたジーンズ姿とか、

普段着で参加する方はいないですね。

 

歩いて10分の最寄駅に住んでいる方でも

お化粧をして清楚な服装で参加していますから。。。

 

高いものやブランドに身を包む必要は

まったくないのですが、

それなりの服装をして参加することが

その学校の保護者として楽しく過ごす秘訣です。

 

さらに、服装に限らず、

周りの人と合わせた行動をすることが

私立中学に入学させた保護者として

うまくやっていくコツなのかもしれませんね。

 

仲の良いママ友ができると、

授業参観の前に、

”早めのランチをしてから行きましょう!”

とか、

”1時間だけ授業参観見て、

みんなでランチに行きましょう!”

などという流れで情報交換が始まります。

 

授業参観は、あくまでも口実で、

ママ友との情報交換のほうが

大事だったりします。

 

周りの方と一緒の波に揺られながら、

順応していくと知らず知らずのうちに

輪に溶け込むことが出来ますよ。

 

今回は、

・私立中学の授業参観の参加率はどのくらい?年に何回ある?

・授業参観のオススメ教科は?

・私立中学の授業参観に行くときの服装は?

について現役女子中学生ママの口コミを交えながら

お伝えしました。

 

少しでも参考になればうれしいです。