会社の給料だけでは将来に不安がある

ということで、副収入を得ている方も

たくさんいるようです。

 

お小遣い程度のつもりが、

結構稼げてしまって

ヒヤヒヤしている人もいるのでは?

 

ここでは、

・確定申告が必要な人はどんな人?

・収入の計算方法はいつからいつまで?

・確定申告の提出書類と提出期限

・マイナンバー記入で会社にバレる?

についてお伝えします。

Sposored Link

確定申告が必要な人はどんな人?

確定申告

確定申告って、ものすごく稼いでいる人が

税務署に申告するものだと

思っている方がいるのも事実。

 

会社員の場合は、

給料が振り込まれる前に

税金分は差し引かれていますからね。

 

基本的には稼いだら、

税金を収めるルールがあるんですよね。

 

金額によっては、

免除されることもあるくらいに考えておくのが

いいのかもしれませんね。

 


副業で年間20万円以上の所得(事業所得)がある場合

(例1)アフィリエイト収入が年26万円あり、

アフィリエイト教材3万円を購入した場合


収入26万円 - 経費3万円 = 23万円

 

副業収入が23万円となるので確定申告が必要

 

 

(例2)アフィリエイト収入が年50万円あり、

セミナーや教材費に35万円かかった場合


収入50万円 - 経費35万円 = 15万円


副業収入が15万円となるので、確定申告は不要。

 

副業で20万円未満の所得だけどアルバイト(給与所得)


(例3)副業の配達業で年6万円の収入がある場合


アルバイトの場合は、確定申告が必要となります。

 


源泉徴収票が会社から送られてきている場合は

給与所得となり、金額にかかわらず

確定申告が必要です。

 


アルバイトなのに、

源泉徴収票が送られてこない場合は、

自分の所得が給与所得かどうか確認するためにも

副業先の給与課などに問い合わせてみましょう!

 


会社勤めやアルバイトをせずに年間収入が38万円を超える場合


(例4)専業主婦が、アフィリエイト収入が48万円あり、

アフィリエイト教材5万円を購入した場合

 

収入48万円 - 経費5万円 = 43万円


事業収入が43万円となるので確定申告が必要。

 


(例5)学生が、メルカリでの転売で稼いだ収入が80万円

仕入れなど経費に50万円を使った場合


収入80万円 - 経費50万円 = 30万円


事業収入が30万円となるので確定申告が不要

 


ご自身の副業やビジネスパターンによって

申告しなくてはならない線引も変わってきます。

 


また、収入だけでなく、

その収入を得るために認められる経費が

どういうものなのかを把握することも大事ですね。

Sposored Link

確定申告の提出書類と提出期限

確定申告


収入の計算方法はいつからいつまで?

每年1月1日~12月31日まで

1年間の所得について計算します。

 

つまり、2017年に提出する分は、

2016年1月1日~2016年12月31日までの分

ということになりますね。

 

確定申告の提出書類は、どんなものがあるの?


ちょっと難しい話となりますが、

個人が収入を得たことによって確定申告する場合、

青色申告と白色申告の2つに別れます。

 


何それ?

 

また、わけわからないことを言わないでくれ~。

と思い始めた方、大丈夫ですよ!

 

こちらのページを見ている方は、

事業をします!という宣言に値する

【個人事業の開業届】を税務署に

届け出ていないはずですので、白色申告です。

 


ここでは、白色申告の提出書類について

お伝えしますね。

 


【白色申告の提出書類】


・収支内訳表

収支内訳表


・所得税の申告書B

所得税の申告書B


・源泉徴収票 (専業主婦・学生を除く)

(会社とアルバイトで収入がある人はそれぞれ)

 


収支内訳表と所得税の申告書Bは、

国税庁のホームページからダウンロードができます。

 


税務署まで足を運ぶ時間がもったいない!

と思われる方もいらっしゃると思いますが、、、

 

初めての場合は、収支内訳表の記入の仕方が

よくわからないと思います。

 


税務署の方に聞きながら仕上げたほうが

かえって時間短縮になると

個人的には感じました。

 


【確定申告の提出期限】

2月16日から3月15日まで

 

もし、期限に間に合わなかったという方も、

提出が必要となります。

 

未提出はNGです。

Sposored Link

マイナンバー記入で会社にバレる?

マイナンバー

会社にもマイナンバーを

聞かれて伝えてあると思います。

 


今年から、

確定申告書類にも個人番号のらんに

マイナンバーを記入することになっていますね。

 


副業禁止の会社、少なくなってはいるけど、

まだあるのも事実。。。

 

あなたがもし、副業禁止の会社に所属していて、

会社にバレないか、

ビクビクしているとしたら、、、

 


以下のことをしっかり確認し、

実行して見てください。

バレないはずです。

 

◆確定申告が必要なのに、確定申告をしない。

確定申告をしていないのが

税務署にバレてしまうと、

税務署から調査が入り、

高額の税金と罰金が支払わされます。

 

しかも、会社から毎月もらっている給料を

差し押さえられてしまうので、

会社にバレてしまうんですね。

 

無申告は絶対に避けましょう

 

◆住民税の支払い方

この住民税で会社にバレてしまう場合が

多いようです。


例えば、会社のお給料が500万円で、

住民税が約20万円の社員が、

600万円の収入に該当する

住民税30万円払うことになっていたら、、、

 

給与を扱う給与課の方は、

アレ?と思って、

副業がバレてしまうんですよね。

 

でも、大丈夫!

 

副業収入分の住民税を給与天引きではなく、

自分で払うように工夫するだけで、

会社にバレないようにできますので、

ぜひ、実行してみてくださいね。

 

所得税の確定申告書Bの第二表

所得税の確定申告書Bの第二表

下の方の住民税・事業税に関する事項の

右側の自分で納付のところを

チェックして提出してくださいね。

 

尚、自分で納付にしているにも関わらず、

会社の天引きになってしまったら・・・

と心配な方は、4月の中旬頃、

ご自身の住所地の区役所に電話して

「普通徴収」になっているかの

確認をして見ることをオススメします。

 


もし、「特別徴収」となっていたら、

区役所の方のチェック漏れではないか、

確認してもらいましょう!

 


マイナンバー制度導入によって

副業が会社にバレることにつながるか

というと「NO」なんです。

 

会社が税務署に尋ねたところで、

あなたの個人情報を伝えるわけがありませんし、

逆に税務署が会社に聞くということも

同じ観点からありえないことだからです。

 


働いて得た収入が一定額以上の場合は、

ルールに従ってしっかり確定申告を行い、

住民税を自分で支払うように届け出れば、

会社にバレることはないようですね。

 

ただ、

同僚や後輩などに副業をやっていることを

知られてしまったことから

情報が流れていく例があるようです。

 

 

お酒が入った時に気が緩んで副業のことを

ポロッと口にしないように気をつけましょう!

 

 

今回は、

・確定申告が必要な人はどんな人?

・収入の計算方法はいつからいつまで?

・確定申告の提出書類と提出期限

・マイナンバー記入で会社にバレる?

についてお伝えしました。

 

提出期限間近の税務署は混み合うようです。

 

また、午前中の朝1番の時間帯も

かなりの混雑なんだそうです!

 

オススメは、天気の悪い日。

 

時間短縮を望まれるなら、

ぜひ、雨予報の日を

狙って行ってみてくださいね。

 

 

「青色申告承認申請書」の書き方が気になる方は、

こちらの記事もどうぞ。

青色申告と白色申告の違いは何?開業届と承認申請書の書き方