個人事業主の方にとっては、

確定申告という最も大変な時期に

入ってきましたね。

 

お小遣い稼ぎのつもりが

思いの他、額が増えてしまい、

予想外の確定申告になった人も。。。

 

いつまでにやらなくてはいけないのか?

 

いくら収入があると

確定申告しなければならないのか???

 

などなど・・・

 


てんてこ舞いしている方も多いと思います。

 

会社に所属していると

あらかじめ徴収される税金も

個人事業主はあとから自分で

支払う必要があるんですよね。

 

ここでは、

・「白色申告」と「青色申告」の違いは?

・「白色申告」から「青色申告」に変える方法

・個人事業の開業届の書き方

・青色申告承認申請書の書き方

についてお伝えします。

Sposored Link

「青色申告」と「白色申告」の違いは?

女性

個人事業主の場合、2種類の確定申告

「青色申告」「白色申告」があり、

それぞれ、以下の通り違いがあります。

 

白色申告

青色申告の申請を行っていない人が利用する制度。


白色申告は、収支を単純に計算する

「単式簿記」の方法で帳簿を付ければいいので、

青色申告より手間がかからないです。

 

 

青色申告

「青色申告承認申請書」をある一定の期間内に

納税地の税務署長に提出した方が

利用できる制度です。

 

3月15日までに承認を得ることが出来れば、

その年の1月1日からの申告の際に利用できます。

 


2017年2月16日~2017年3月15日に受け付けている

確定申告で青色申告を利用できる方は、

2016年3月15日までに

「青色申告承認申請書」を提出し、

承認をえた方のみですのでお気をつけくださいね。

 

青色申告は、基本的に「複式簿記方式」により

毎日の取引を勘定科目に分けて

帳簿に記録する方法を選択する方が多いので、

白色申告より手間がかかります。

 

もちろん、青色申告でも「単式簿記」を

選ぶことは可能ですが、

特別控除額の金額を考えると、

青色申告を利用する方は、

「複式簿記」を選ぶべきですね。

 

青色申告のメリット


65万円の特別控除

複式簿記を選択した青色申告の方は、

65万円の特別控除を受けることができます。

 

これは、最大のメリットですよね。

 

ちなみに単式簿記の特別控除額は10万円

 

赤字の場合、3年間の繰越

赤字を確定申告で損失申告すると、

3年以内に出る所得と差し引きして利用できる。


(例)

2013年  300万円の赤字

2014年  600万円の赤字

2015年  300万円の赤字

2016年  1400万円の黒字 


となった場合、2016年の課税所得は、

1400万円ー(300万円+600万円+300万円)=200万円

 

家族への給与は必要経費

個人事業主の家族を従業員に雇用した場合、

その給与は必要経費として課税所得から

差し引くことができます。

 

青色申告のデメリット


複式簿記での記帳が、面倒。

 

もちろん、白色申告も

簡易的な帳簿は必要ですが、

青色申告に比べて書類が少なくてすみます。

 

手間を考えると、断然白色申告なのですが、

控除額などを考えると、

青色申告に変えていったほうが

いいのかもしれませんね。

 

例えば、面倒な確定申告に関しては、

専門家にお金を払ってお願いする

という手もあります。

 

収入にもよりますが、

青色申告を選ぶメリットは

かなりありそうに感じました。

Sposored Link

「白色申告」から「青色申告」に変える方法

確定申告

「白色申告」の方が、

2018年2月16日~3月15日の確定申告で

「青色申告」を利用するためには、、、

 

2017年3月15日までに

個人事業の開業届

所得税の青色申告承認申請書

税務署長に届けて承認をもらうことで

変更できます。

 

 

なので、今回確定申告をする際に、

個人事業の開業届と

所得税の青色申告承認申請書を

提出されることをオススメします。

 

 

2種類の届出用紙は、

国税庁のホームページから

ダウンロードできます。

 

提出用と自分控え用の2枚ずつ

用意されたほうがいいですね。

 

私も、2017年2月24日(金)に

確定申告ついでに提出してきました。

Sposored Link

個人事業の開業届の書き方

個人事業の開業届の書き方

一番上、個人事業の開業届の開業部分を○で囲む

 

税務署長:住所地の税務署の名称

 

納税地:住所地、居住地、事業所地の

どれかを選び、白○を塗りつぶす。


住所・TEL

     

氏名 、フリガナ、捺印

生年月日

 

個人番号:マイナンバーの数字

 

職業:   屋号:

 

届け出区分:開業を囲む


所得の種類:事業所得

開業日:これは厳密に言えば、

事業を始めた日のようでしたが、

利益が出始めた時からでもいいようです。

ちなみに、私は、28年1月1日です。

 


開業に伴う届出書の提出の有無:

青色申告承認申請書 

消費税に関する「課税事業者選択届出書」

事業概要:職業を詳しく記入。

Sposored Link

所得税の青色申告承認申請書の書き方

所得税の青色申告承認申請書

税務署長:住所地の税務署の名称

 

納税地:住所地、居住地、事業所地の

どれかを選び、白○を塗りつぶす。

 


住所・TEL

     

氏名 、フリガナ、捺印

生年月日、職業:   屋号:


平成  年分

ちなみに2017年2月24日提出するとしたら、

平成29年分以降のとなります。

 

1.事業所又は所得の基因となる資産の名称及びその所在地

名称  所在地 

 

2.所得の種類:事業所得

 

3いままでに取りやめをしたことの有無 無

 

5.相続による事業承継の有無 無

 


6.簿記方式

(1)複式簿記


(2)帳簿名

現金出納帳

売掛帳

買掛帳

経費帳

固定資産台帳

預金出納帳

総勘定元帳

仕訳帳

 

この辺の帳簿の種類は、

個人差があるかもしれないので、

税務署で最低限必要なものを聞いてから

チェックされたほうがいいかもしれません。

 

個人事業の開業届と所得税の青色申告承認申請書を

税務署に提出すると、記入漏れがないか確認して

控えに受付印を押して返してくれます。

 

これは、なくさないように

他の帳簿などとともに

大事に保管しておきましょう!

 


今回は、

・「白色申告」と「青色申告」の違いは?

・「白色申告」から「青色申告」に変える方法

・個人事業の開業届の書き方

・青色申告承認申請書の書き方

についてお伝えしました。

 

青色申告に変えたいなぁ~と

思われている方は、書類の提出期限を

忘れないようにしてくださいね。

 

確定申告が必要な個人の収入や提出書類などが知りたい方は、

こちらの記事もどうぞ。

確定申告が必要な個人収入は?提出書類期限とマイナンバーでバレる