2017年6月10日陸上日本学生個人選手権、

男子100m準決勝で9秒94という快挙達成した

多田修平選手に注目が集まっています。

 

追い風4.5mの参考記録ながらも

9秒台をマークしたのですから

そりゃー、注目をあびますよね。

 

しかも笑顔が爽やかなイケメンなんです!!

 

この記事では、

・多田修平選手はどんな選手?

・多田修平選手が陸上を始めたきっかけは?

・多田修平選手が急激に強くなった理由

・多田修平選手のインタビューから見えた性格

についてお伝えします。

Sposored Link

多田修平選手はどんな選手?

多田修平

出典:https://twitter.com

 

多田修平選手は、大阪出身で

現在関西学院大学3年生です。

 

ちょっぴり詳しいプロフィールを

お伝えすると、、、

 

出身:大阪府東大阪市

身長:176cm

出身校:東大阪市立石切中学校卒業

    大阪桐蔭高等学校卒業

    関西学院大学法学部3年在学中(2017年6月12日現在)

出典:https://ja.wikipedia.org

 

陸上の練習をしながら法律の勉強をしているなんて、、、

頭脳プレーヤーなのかもしれませんね。

 

論理的に試合の組み立てを考えたり

今までの陸上選手とは異なる

パフォーマンスが期待できそうな予感。。。

 

スポーツは、「心技体」の

バランスが大事だと言われていますからね。

 

自分で組み立てた走りを

本番にどれだけの力が出せるのかは

マインド(心)の強さが

かなり影響してくると思いますが、

論理的思考を持つ多田選手は、

ブレが少ないように感じます。

Sposored Link

多田修平選手が陸上を始めたきっかけは?

多田修平

出典:https://www.nikkansports.com

 

多田修平選手は、

小学校の時から走るのが好きで、

「中学校に入ったら陸上部に入ろう!」

と決めていたんだとか。。。

 

でも、そんな多田修平選手ですが、

小学校の時は速い方だったけど、

1番ではなかったといいます。

 

「好きこそものの上手なれ」という言葉が有りますが、

「走るのが好き」という多田修平選手の

純粋な気持ちが原動力になって花開いたようです。

憧れの選手は?

リオ五輪で銀メダルを取った

桐生さん、山縣さん、ケンブリッジさんなんだとか。。。

 

ちなみに桐生祥秀選手は9秒87、

ケンブリッジ飛鳥選手は9秒98の

追い風参考記録保持者ですね。

 

多田修平選手は、ZIPのインタビューで、

憧れているとはいえ、

桐生さん、山縣さん、ケンブリッジさんと

競い合いたいとも言ってました。

 

そして追い越せるような選手になりたいとも。。。

 

多田選手は、貪欲に練習を積み上げながら

憧れの存在を追い抜く日を待ちわびているようです。

Sposored Link

多田修平選手が急激に強くなった理由

多田修平

出典:https://twitter.com(写真:陸上競技マガジン)

多田選手のタイムが急激に伸び強くなった理由は、

海外遠征である人に教えてもらったことを

活かしているからだといいます。

 

そのある人とは、

リオオリンピックリレー、

金メダルメンバーのパウエル選手

 

多田選手は、パウエル選手の指導を受け、

スタートの強化に取り組んだそうです。

 

その結果、今回追い風参考記録ながら

9秒94という快挙達成したんですね。

多田選手の自分の走りについて感想

やっぱり自分でもびっくりするくらいで

ゴールした瞬間、

間違いじゃないかという勢いだった。

嬉しかったです。

スタートに関して、

昨年はスタートが腰曲がって躓く形が多かった。

今年は視点を前にして

腰があらかじめ入るようにして

出やすい形にしたので

スタートのミスがなくなった。

もちろん、多田選手の

並々ならぬ努力の賜物ではありますが、

良き指導者にめぐりあい、

成功への道を伝授してもらったのは

かなり大きかったのではないでしょうか?

 

教えてもらう人って

本当に大事なんだなと感じますね。

 

多田選手の伸びしろがどこにあるのかを

見抜く力がパウエル選手には

備わっていたのでしょうね。

 

そしてその指摘を素直に受け入れ、

言われたとおりにこなす強いマインドが

多田選手にはあったのだと思います。

 

いい指摘を受けても

それを自分のものにできない人が多い中、

しっかりこなしてパワーに変えていくことができた

多田選手の根底には、「走るのが好き

という少年時代からの純粋な気持ちが

活きているのだと感じます。

多田修平選手のインタビューから見えた性格

多田選手はZIP!のインタビューに関して

次のように答えていました。

9秒台を出し、注目されることに対して

それはありがたい。

気にせず自分のペースをつらぬいて

練習に励みたい。

プレッシャーに感じたりはしない?

あまりプレッシャーはない。

自分でやっている感じなので

自分のペースで頑張っていきたい。

国内大会で日本人初9秒台をマークした事について

うれしいですけど、

やっぱり公認で9秒台を出せるように

今後頑張っていきたい。

今後の目標

世界に的に言えばボルト選手と

張り合えるような選手に2020年までになりたい。

引用:ZIPインタビュー

 

今、結果が出せたことがすごくエキサイティングで

ワクワクしている感じがこっちにも伝わってきました。

 

インタビューを受けている表情が

輝いてましたしね。

 

でも、今のこの上り調子の部分だけに満足せず、

淡々とこなしてきた練習の成果にすぎないという

冷静な部分も感じ取れました。

 

自分を信じて自分のペースで積み上げていくだけなんだ

というストイックな性格も出ていますね。

 

周りの目を気にするというのではなく、

周りの声援をプラスのパワーに変えていく、、、

 

だから「ありがたい」という

ポジティブ思考が強い多田選手、

これからどんどん伸びていく選手に感じました。

 

顔もイケメンで爽やか、

あの顔で微笑まれたら、、、

女性はイチコロですよ!!

ファンが急増しそうですね。

 

多田修平選手のこれからの活躍を

応援していきたいと思います。