8月7日放送のイチから住では3週間前に始めた

家庭菜園の野菜の間引き作業と試食、

お気に入りの蕎麦屋で冨家規政さんが

くつろぐ時間を放送していました。

Sposored Link

冨家規政が野菜の間引きに初挑戦!

冨家規政

冨家規政さんが自宅前の畑を借りて

家庭菜園を始めたのは、3週間前。

 

芽が出てこない種もあるので、

同じ場所に数粒まいておいた。

 

美味しい野菜つくりに欠かせない間引き作業を

教わる事になりました。

巻いた種は、4種類。

 

黄金菜

二十日大根

サラダかぶ

チンゲンサイ

黄金菜の間引き・・・根を傷めず、

綺麗に抜けたものをあいてるアナに埋める。

 

ちなみに野菜の間引きをすることで、

日光が当たり、土の栄養分も

吸収しやすくなる。

 

その結果、おいしい野菜に

育ちやすいんだとか。。。

 

二十日大根の間引き

3週間のうちに食べられるように

成長していました。

 

それを喜んでいたら、

近くをちょうちょが飛んでいました。

 

ベテランさんは、

ちょうちょが来ると、卵を産み付けて

青虫になって葉が食われちゃうんですよって。。。

 

冨家規政さんは、必死にちょうちょを

遠ざけようとしていました。

 

ネットをかけないとダメなようです。

 

野菜を作るのって、

結構手間がかかるんですね。

Sposored Link

冨家規政が、初めて育てた野菜を実食

二十日大根

家に戻って間引いた二十日大根を洗ってみる。

鮮やかな色、おいしそう!!

 

いよいよご自身で育てた初めての野菜、

二十日大根を実食!

「へたなお菓子よりうまいぞ!」

「うまい!」

「いいね~。自分の目の前の畑から採れたて

食べるって、、、。」

「めっちゃいいね。これ!」

子供が好きなことに熱中して

目を輝かせながら話してくれるように、

冨家規政さんも、キラキラした目で

育てた野菜の美味しさを実況していました。

 

本当に嬉しいんでしょうね。

 

京都での撮影に向けて

出演中のドラマの台本を読んでます。

 

冨家規政さんの生活は、月に10日ほど、

本業の役者の仕事で京都へ。

残りを将来の田舎暮らしのお試し体験を

山梨県北杜市で二重生活しているのです。

 

Sposored Link

冨家規政のお気に入りのお蕎麦屋さん

 

移住して見つけたお気に入りのお蕎麦屋さん。

冨家規政さんは、このお蕎麦屋さんに

週に1度は通っている常連さんなんです。

そばいち

森のなかにひっそりたたずむ蕎麦いち。

冨家規政さんの家から

車で15分のところにあります。

 

お店を営んでいるのは、佐伯誉史朗さん(58)。

雰囲気がたまらないといいます。。。

 

すみません、いつもの野菜の、、、

 

と言いながら、

いつものって言う感覚がいいよね。

って、上機嫌の冨家規政さん。

 

そば好きの冨家規政さんをとりこにしたのは

名物メニューの素揚げ野菜のおろしそば 1620円

野菜の素揚げ

衝撃を受けたお店の看板メニュー。

てんこ盛りの野菜の下には大根おろしと

そばつゆがかかっていて、

そこにそばをからめていただきます。

 

野菜の素揚げに入っていたのは

おかひじきにししとう、ヤングコーンなど

ひと目でせんどのいい野菜ばかり、15種類くらい。

 

 

それを衣をつけずに素揚げし

水分を飛ばして野菜そのものの旨味を

凝縮しているんだとか。

 

見ているだけで、

食べたくなってしまうほど、

野菜の色が濃いです。

 

野菜は全部、おじちゃん、おばちゃんたちが

作ったものを原村直売所の朝市で買うそうですよ。

だから、新鮮なんですね。

 

そしておそばは、

石臼で引いたおそばと、

八ヶ岳の名水でうった

こだわりの十割そば。

そば

名水の里ならではの一品です。

お店の佐伯さんいわく、

今食べたお食事って今日の中で

1回しかないチャンスじゃないですか。

それを最高に楽しむ。

だからものすごくフレッシュなものを、

はじけそうな野菜を使っているんだとか。。。

 

こだわりの野菜の素揚げを食べたいです。

 

大根おろしとめんつゆなんて・・・。

あまりにおいしそうなので、

週1で通っている冨家規政さんの

気持ちがよくわかります。

 

そばを食べた後、冨家規政さんは2Fへ。

2Fには、我が家のようにくつろげるCAFEが。

冨家規政さんはここで本を読んだりするのが

日課になりました。

冨家規政 本

実は、ここ、誰にも教えたくない位

秘密の場所にしておきたかった場所なんです。

 

すごいお気にいりの場所なんです!

と言いながら、冨家規政さん、嬉しそうでした。

蕎麦「いち」詳細

山梨県北杜市高根町箕輪1830

0551-47-4173

(昼) 11:30~15:00(ラストオーダー14:30)

2階/お茶と甘味。(冬季お休み)

11:30~15:00 (ラストオーダー14:00)

定休日:水曜日

蕎麦がなくなったら早めに営業終了します。

電話にてご確認ください。

アクセス:清里より車で15分。

     小淵沢より車で30分

     白洲より車で40分

マップはこちら

 

もともと、東京でグラフィックデザインの

お仕事をされていた佐伯さんも移住組です。

 

今では、八ヶ岳とこの土地でしか味わえない

おいしい野菜があるから、、、

この土地から離れられないといいます。。。

 

そんな魅力ある山梨北杜に

どんどんハマっている冨家規政が

画面からヒシヒシと伝わってきます。

 

冨家規政さんのドキュメンタリーを見て

山梨北杜に移住したい!

と思われている男性の方、

多いのではないでしょうか?

 

次週は、チンゲンサイと黄金菜。

種まきから48日目の野菜の収穫だそうです。

お楽しみに!!

よかったら、こちらの記事もどうぞ。 冨家規政イチから住『蕎麦いち』の主人に教わる本格的そば打ち講習

末永遥がイチから住で青森に移住、泉浩の職探しと無料温泉卵