末永遥さんがイチから住で青森に移住してます。

住居は浅虫温泉の陸奥湾を望む温泉街。

8月7日の放送の青森に住み始めて6日目、

末永遥さんと夫の泉浩さんの職探しの様子と、 近所でかんたんに作れちゃう温泉卵の秘密を

お伝えします。

Sposored Link

末永遥の移住先の家から3分にこんなにいいものが。。。

末永遥 泉浩

末永遥さんが移住先に決めた場所は、

温泉街なので、とってもいいものがあるんです。

温泉街

街には誰でも気軽に入れる足湯。

地元の憩いの場になっているんだとか。。。

 

足の血行良くするのって、

健康にとても良いですよね。

 

足湯のとなりには、

なんと温泉卵が作れる場所もあるんです。

 

卵を温めるかごも用意されていて、

作り方の解説までしっかり置かれているんです。

しかも、無料!!

温泉卵

なんともうれしいシステムですね。

 

末永遥さんの家からは、

自転車で3分の場所。

住居

散歩に行くという夫、泉浩さんに

末永遥さんが朝ごはんの一品にするために

お願いしていたのです。

 

早速夫の泉浩さんが温泉卵を作るために

卵をかごに入れ温泉の湯の中へ。

待つこと15分。

 

自転車なので、殻同士があたって

黄身が出てきちゃいました!

割れた温泉卵

その黄身を見て、「悔しい!」というより、

「めっちゃ楽しい!」

と泉浩さんは子供のように笑っています。

 

末永遥さんは、ちょっぴり困惑気味に、

「なんで割れちゃうの~?」

なになに、殻を割って中身を見てみると、、、

温泉卵

ちゃんと出来てるよぉ~

すごーい!!

 

末永遥さんと泉浩さん、二人とも

いわゆる半熟、トロトロ温泉卵が

いい感じに出来ているのを見て

感動していました。

 

家から3分のところに

こんないいものがあって

何時でも美味しい温泉卵ができちゃうなんて

うれしいですよね。

Sposored Link

末永遥特製アスリートご飯

アスリートの朝食

末永遥さんは、泉浩さんが現役柔道家なので、

日頃から栄養バランスを考えた食事を

用意しているんだとか。

 

末永遥さんは、可愛いだけでなく

主婦業もしっかりこなしているんですね。

 

今日は、思わぬ一品が加わり、

主婦としては大助かりだと思います。

 

しかも、美味しいようです。

 

白身のトロトロ感もねっとり感も

これがすぐそこでできるなんてすごいね。

って、二人共かなり得した気分の顔でしたよ。

 

たしかに、温泉卵を家で作るの、

結構難しいですからね。

 

ただ、ポーンと入れて

15分でできちゃうなんて

こんなに嬉しいことないかも!!

 

きっと末永遥さん、ここに住み始めて、

良かったなって思い始めている感じでしょうね。

 

得した気分になるのって、

心地よくていいですよね。

Sposored Link

末永遥が夫の職探しに同行

朝食後は夫、泉浩さんの職探しに同行です。

 

今回は、特別に市役所の方も

同行してくれたようです。

 

住み慣れていない土地での職探しは

情報がないので、

しっかり情報を持っている方に

聞くことが大事ですよね。

 

泉浩さんのリクエストとしては

「青森ならではの仕事」

ということで、案内されたのは、

自宅から車で40分の油川漁港。

 

ホタテの出荷作業の仕事を紹介されましたよ。

 

青森県はホタテの漁獲量が全国2位で、

ホタテは大事な食べものなんですね。

 

(株)山神さんはホタテの養殖から

加工まで自社生産している水産加工会社。

 

紹介された仕事内容は、

朝、船で出航してホタテの養殖いけすがあるので

かごをあげていくんです。

 

かごを上げるのが1番大変なんですよ。

 

泉浩さんは、

「ちなみに時給はいくらですか?」

と聞いてました。

 

 

そこって大事ですよね。

 

時給は1100円スタートと聞くと、

間髪入れずに「よろしくお願いします!」

と泉浩さん、ホタテの仕事を即決してしまいました。

 

ほとんど時給につられている感じがしましたが、

まずはやってみないとわかりませんからね。

 

さすが、行動力があるなぁ~と思いました。

 

初仕事の日、

起床はなんと午前2時55分。

朝の3時前です。

 

早いですね。

 

支度できたの?

の末永遥さんの声に

「バッチリ!」

「あとは気持ちだけ。」

 

 

でも、泉浩さん、

画像を見る限り眠そうです!!

 

末永遥さんの運転で港へ。

泉浩さんが任された仕事は、

水揚げしたばかりのホタテの出荷準備。

 

1ケースおよそ50kgのホタテを

次々とコンベアーに乗せる仕事。

ホタテ

ホタテは鮮度が命。

早く出荷したいので、

この作業は休憩なしなんだとか。。。

 

ちょっとハード過ぎますね。

ちなみに、コンベアーで運ばれたホタテは、

 

漁師のホタテフライ  1188円

ホタテ飯の素 648円になって出荷されます。

 

この日は、なんと6t分ホタテを

コンベアーにのせました。

 

6時間勤務なので、

午前10時に仕事が終わりました。

 

上司の方に、

「大丈夫ですか~?」と聞かれ、

「きつかったです!」

 

と笑いながら答える泉浩さんの表情は

かなり硬かったです。

 

家に帰ると、末永遥さんが

どうだった?

しんどかったです。

きつかった~!!

どういう作業なの?

と聞く末永遥さんに、

「お腹すいたから早くご飯作って~。」と、、、

 

根掘り葉掘り聞きたい気持ちはわかるけど、

まずは、お腹のほうが大事ですよね?

 

ご飯のあとに、

何が大変だった?

と末永遥さんが聞くと、

泉浩さんは

「遅れないようにする事」

 

みなさんに迷惑かけないように。

 

やっぱり作業って早いの?

 

早い!海の仕事、初めてだったから、

いい経験になりました。。。

 

なんか、末永遥さんと泉浩さんの夫婦関係が

かなりよくなっている気がします。

 

ホタテの出荷準備は、想像以上に

大変だったんじゃないでしょうか?

 

肉体労働ですからね。

 

来週はどんな展開になるのか?

楽しみですね。

 

これからも末永遥さんと泉浩さんの

青森移住を見逃さずに追っていきます。