震災は、いつどこで起こるかわかりません。

一度でも大変な思いをされた方は、

経験済みなので、しっかり対策を取るはずですが、

そうでない人は、なかなか準備が出来ないものです。

 

防災用のグッズや非常食というと、

構えてしまうところが多いのも事実。

そんな防災用品について

一歩ひいて構えなくても済むような方法、

ローリングストックという考え方をお伝えします。

非常食や備品などのリストとそれを使ったレシピも紹介!

 

ローリングストックとは?

ローリングストック

「ローリングストック」とは、簡単に言うと、

ローリング(回転)+ストック(蓄える)のことです。

 

いつも食べている食品を多めにストックしておき

古いものから普段の食事で使い、

新しい物を買い足すというサイクルを作れば、

災害時用にいつも一定量の備えができてしまう

という考え方です。

 

古い食品から順に使うので、

賞味期限切れのムダも

防げるところがいいですね。

非常食って、買うととても高いのに、

気がついたら賞味期限切れだったことって

ありませんか?

 

私は、管理がヘタなのか、

非常食をうまく活用することが

出来ていませんでした。

 

というより、活用するという気持ちがなく、

必要最低限の出費と捉え、

賞味期限が過ぎたら捨てる感じに

思っていたのかもしれません。

 

今、盛んにうたわれている

「ローリングストック」は、誰でも意識することで、

防災用の食品や備品を備蓄できちゃうという

画期的なシステムです。

 

面倒だな?とか、

「よし、買わなくちゃ!」と意気込まなくても

ちょっとした意識と普段の買い物で

済んでしまうところが手軽でいいですね。

 

ローリングストックにおける非常食や備品リスト

ローリングストック

どんなものを非常食として

ストックしておけばいいの?

と思ってしまうかもしれませんが、

基本的な非常食に向いているものを

あげておきます。

・缶詰

・レトルト食品

・野菜ジュース

・お菓子  

などなど・・・

 

家族が好きなものや食べ慣れたものを

ストックしておくのがいいですね。

 

わざわざ、非常食としてストックしておいたものって

実際の味を知らないので不安だったりします。

 

災害がおきて、心がナーバスになっている

お子さんが食べ慣れたお菓子でホッとした・・・

という話も多く耳にしますからね。

 

ストックの目安

3食×3日分×家族の人数がベストだそうです。

お米や野菜、冷蔵庫にある食材と合わせて

1週間分になるようにするのが理想なんだとか。。。

 

また、災害時には

水が思うように使えないこともあるので、

清潔なお皿の代わりになるものを備品として

ストックしておくといいですね。

 

・ラップ

・アルミホイル

・ポリ袋

 

普段使っているものとは別に

しっかりストックしておくことをオススメします。

 

ローリングストックを長続きさせる秘訣

食べる → 買い足す → 備蓄 

 

このサイクルを保つためには、

日頃から備蓄している食品を

おいしくアレンジして

積極的に食べることだそうです。

 

備蓄した食品を使ったレシピ

Sposored Link

大豆レンジトマト煮

大豆レンジトマト煮

材料 (2人分)

A CO・OP大豆ドライパック(1/2缶)
 
トマト(ざく切り)1個
 
しょうゆ少々

ピザ用チーズ適量

大豆水煮缶

作り方

1. 耐熱容器にAを入れ、ラップをし

約2分(600w)電子レンジにかける。

2. トマトをつぶしながら混ぜる。

3. ピザ用チーズをのせて、

さらに約1分(600w)電子レンジにかける。

出典:クックパット、コープ

クックパットレシピはこちら

 

ひじきチヂミ

ひじきチヂミ 材料(2人分)

A 小麦粉100g

  卵1個

  水100ml

 

B ひじきドライパック1缶(110g)(パウチ入りは2袋)
 
 青ねぎ(小口切り) 1/4束
 
 桜エビ10g
 
 ごま油 適量

 酢、しょうゆ お好みで

ひじき缶

作り方

1. Aをボウルに入れて混ぜる。

2. [1]にBを入れて混ぜる。

3. フライパンにごま油を熱し、

[2]をスプーンですくって流し入れ、

両面を中火でこんがり焼く。

4. お好みで酢じょうゆをつける。

出典:クックパット、コープ

クックパットレシピはこちら

 

実際に作ってみました。

簡単にできていいですよ。

 

ローリングストックのポイントまとめ

・ストック量は3食×3日分×家族の人数

・日頃から積極的に食べてサイクルを作る

・食べ慣れたもの、家族の好みに合ったものを用意

・食品以外のアイテムも欠かさずストック

 

ローリングストックを意識して

普段からできちゃう簡単備蓄を

目指しましょう!