8月19日放送の「ミュージックステーション」に

Aimer(エメ)が初出演します。

 

これを受けてネットでは

テレビ出演が初めてのAimerさんの

顔が見れると話題です。

 

可愛すぎる顔と蝶々結びの歌に

期待しているファンが多いようです。

 

そんなAimer(エメ)さんの

蝶々結びの歌詞と画像、

魅力的な声など気になる情報をお伝えします。

Sposored Link

Aimer(エメ)ってどんな人?

Aimer

プロフィールは非公開なんですね。

 

顔もしっかり分かる写真は一枚もないのです。

 

Aimer

だから、Mステ初出演がファンにとって

どれだけ待ち望んでいたことか。。。

 

Aimer

出身地は熊本県で年齢は25歳という情報が

一部で流れていますが

その情報が本当かどうか、確認出来ませんでした。

 

テレビに出演し始めたら

いろいろな情報が流れてくると思いますので

分かり次第追記させて頂きますね。

 

 

Aimerさん独特の音楽の世界観ができるまでをお伝えしますね。

 

父がバンドを組んでいた影響もあって

まだ一人で歩けないくらいのころから

音楽に触れていたそうです。

 

小学校の頃は、

映画「アニー」の劇中歌

(「Tomorrow」など)を夢中になって歌い、

 

その後は、父のCDを借りては、

洋楽・邦楽問わずなんでも好んで

聴いていたんだとか。。。

 

この頃の音楽環境が

今持っているAimerの独特の世界観を

作るもとになったのでしょうね。

 

ピアノやギターでの作曲や

英語での作詞を始めるようになる。

 

 

15歳のとき、声が一切出なくなる

アクシデントに見舞われるが、治癒するとともに

独特のハスキーで甘い歌声を得る。

 

2011年から本格的に音楽活動を開始。

2011年9月「六等星の夜」「悲しみはオーロラに」

「TWINKLE TWINKLE LITTLE STAR」でメジャーデビュー。

Sposored Link

Aimer(エメ)の魅力的な声

Aimer

はかなさと力強さを併せ持つ、

声の持ち主Aimer(エメ)。

 

小さい頃から音楽に親しんでいたAimerは、

15歳の頃に突然声が出なくなり

音楽活動を一時断念するという

アクシデントを乗り越え、

この個性的な歌声を手に入れたといいます。

 

 

その声に魅了されるクリエーターの方々

 

agehasprings玉井健二さんは、

Aimerの声の魅力を次のように語っています。

 

Aimerの持つ声はその数多の才能の中で

もっとも稀有な“結晶”だと想います。

その声を耳から取り込んだ瞬間すべての

時間や風景が色を変え、もう二度とない

儚い想い出のように感じさせる。

携わるすべての人を魅了し取り込んでゆく

不思議な魔力を持っています。

 

映画監督の廣木隆一さんは

歌詞ごとにいろんな映像を想起させてくれる

Aimerの唄声は映画の中でも確実に心に響いた。

出典:http://natalie.mu

 

Aimerさんの声の魅力は単に声が綺麗だとか

そういうものではなく、もっと奥底にある

表現力だったり、世界観が

聞いている人に不思議な魔力を

与えるところのようですね。

 

TV初出演の曲とAimerさんのコメント

ミュージックステーションで披露するのは、

8月17日リリースの

野田洋次郎(RADWIMPS)が楽曲提供・

プロデュースを手掛けた

通算11枚目のシングル曲「蝶々結び」です。

 

テレビ出演が初めてのAimerさんは、

「画面を通してたくさんの方の目に触れると思うと

とてもどきどきします。

いつも通り、心をこめて歌おうと思っていますので

どうかあたたかく見守ってくださったら嬉しいです」

とコメントしています。

出典:http://realsound.jp

Sposored Link

「蝶々結び」歌詞とPV

蝶々結び 歌詞

片っぽで丸を作って しっかり持ってて

もう片っぽでその丸の後ろを ぐるっと回って

間にできたポッケに入って 出て来るの待ってて

出てきたところを迎えにきて

「せーの」で引っぱって

 

はじめはなんとも 情けない形だとしても

同じだけ力を込めて

 

羽根は大きく 結び目は固く

なるようにきつく 結んでいてほしいの

腕はここに 思い出は遠くに

置いといてほしい ほしいの

 

片っぽでも引っ張ちゃえば ほどけちゃうけど

作ったもの壊すのは 遥かに 簡単だけど

だけどほどく時も そう、ちゃんと 同じようにね

分かってるよ でもできたらね

「せーの」で引っ張って

 

ほどけやしないように と願って力込めては

広げすぎた羽根に 戸惑う

 

羽根は大きく 結び目は固く

なるようにきつく 結んでいてほしいの

夢はここに 思い出は遠くに

気づけばそこにあるくらいがいい

 

黙って引っ張ったりしないでよ

不格好な蝶にしないでよ

結んだつもりがほどいていたり

緩めたつもりが締めていたり

 

この蒼くて広い世界に

無数に散らばった中から

別々に二人選んだ糸を

お互いたぐり寄せ合ったんだ

 

結ばれたんじゃなく結んだんだ

二人で 「せーの」 で引っ張ったんだ

大きくも 小さくも なりすぎないように

力を込めたんだ

 

Aimer 『蝶々結び』 ※野田洋次郎(RADWIMPS)楽曲提供・プロデュース

出典:Youtube

 

一度聞いたら耳に残る、

不思議な癒やしパワーのある声ですね。

曲の雰囲気と、声がすごく合ってる。。。

 

野田洋次郎(RADWIMPS)さんは

楽曲提供にあたって

次のようにコメントしています。

 

Aimerの声をはじめて耳にしたのは

もう3、4年前だと思います。

たまたま知り合いからCDをもらって。

声だけで、この人のことなんか好きだな

と思ってしまった。

レコーディング中は彼女の声を

何度も聞くことができて幸せでした。

そして大切なこの曲を

Aimerに歌ってもらえて、嬉しかった。

出典:http://www.aimer-web.jp

 

楽曲を与えてもらえるだけでも

すごいことなのに、

歌ってもらえて嬉しかったなんて、、、

 

Aimerの声の魅力は

どれだけすごいものなんだろう?

 

素人の私には想像がつきませんが、

きっと歌ってもらいたいと思える

幻の声の持ち主なんだろうなぁ~。

 

Mステで顔を見るのも楽しみなのですが、

歌っている顔見ながら曲が聞けるのって

嬉しいですよね。

 

またファンが増えそうですね。

 

Aimer(エメ)の声の魅力と可愛い顔、

初披露でますます活躍の場が

広がりそうな予感がします。

 

これからのAimer(エメ)の活躍を

見守りたいと思います。