ハンバーグを食べるならこのお店

と決めて、リピーターが多くいる

「つばめグリル」。

 

8月25日放送のカンブリア宮殿では

「つばめグリル」の正直な経営戦略に

スポットを当てるようです。

 

ここでは、つばめグリルの名前の由来、

老舗と言われる理由、扱う素材、

メニューや店舗情報、

価格と口コミについてお伝えします。

Sposored Link

つばめグリルとは?素材にこだわる理由

つばめグリル

1930年ごろ、新橋駅内ではじめた洋食屋さん。

 

つばめという名前の由来は、国鉄時代の

東京~大阪間を走る『特急つばめ』

という列車からつけたもの。

 

新橋駅に停車していなかったので、

地元の人が新橋駅にも止めて欲しい

という運動を始めたのがきっかけなんだとか。。。

 

つばめグリルは、創業86年。

 

全店で1日に6500個売れる

ハンブルグステーキが出来たのは昭和49年。

 

アルミホイルで包まれ

ふっくらと膨らんだ看板メニューです。

ハンブルグステーキ

 

魚や肉などを包んで蒸し焼きにする

パピヨット料理をヒントに開発され、

アルミホイルで包まれたまま

お客様に提供するという演出が受け、

発売後3カ月で一番の人気商品になったそうです。

 

つばめ風ハンブルグステーキ

 

今でこそ、連日のように長蛇の列を作る

つばめグリルですが、

社長の石倉悠吉さんが会社を引き継いだ時は

赤字経営からのスタートだったそうです。

石倉悠吉

 

潰れかかっていたお店を継ぎながら、

老舗が羨ましく思っていたんだとか。。。

 

そんな時、銀座の旦那衆から

「仲間に恥ずかしくない商売をしなさい」

というアドバイスを受けたことをきっかけに、

ウソをつかない正直な経営を

積み重ねてきたそうです。

 

2016年8月現在、老舗の仲間入りをし

店舗数も22店舗まで増やすまでになりました。

 

老舗になりたい!

コックさんが長く働ける場所にしたい!

化学調味料を使わない!

をモットーに努力していった結果

しっかりファンも増えていったようですね。

 

ソースって、1番お金がかかるんだとか。。。

化学調味料は、味覚では美味しいけど、

食べた後、なんとなく

違和感が残る味だといいます。

 

そこをコストのためにごまかすのではなく、

正直に向き合っていくことが大切なんだとか。。。

 

そのために、他の部分でコスト削減を

考えるのだそうです。

 

メニュー数をしぼったり、

物流を工夫したり、

生産者とのつながりを強化したり。。。

 

本物を提供するための努力は

常に「正直」であることのようですね。

 

使う素材が誰が作ったものか、

1番知りたい情報を店頭と

ウェブサイトに載せているという点も

食の安全生から考えると

ありがたいことだと思います。

生産者情報

Sposored Link

つばめグリルのメニューと価格(代表的なもの)

 

つばめ風ハンブルグステーキ

つばめ風ハンブルグステーキ 1320円(税抜)

ハンブルグステーキにたっぷりの

自家製ビーフシチューをかけた

看板メニューです。

 

和風ハンブルグステーキ  1160円(税抜)

和風ハンブルグステーキ

北海道羅臼産の昆布と鹿児島県枕崎産の鰹節で

合わせだしと大根おろしでさっぱり。

 

ジャーマンハンブルグステーキ  1110円(税抜)

ジャーマンハンブルグステーキ

奥行きのある味わいのデミグラスソースと

半熟の目玉焼きの定番商品。

創業以来の味。

 

ロールキャベツ    1000円(税抜)

ロールキャベツ

丸ごとの鶏とたっぷりの野菜から作った

スープで煮込み、

一晩寝かせてから提供する定番メニュー。

 

帆立貝のクリームコロッケ 1000円(税抜)

帆立貝のクリームコロッケ 

 

青森県陸奥湾産の帆立貝とルーから作る

クリーミーなベシャメルソースのコロッケ。

 

ウィンナーソーセージ   710円(税抜)

ウィンナーソーセージ 

ドイツの製法から学んだこだわりのソーセージ。

芝浦のキッチンで毎日手作りしています。

 

自家製ソーセージの盛り合わせ  1200円(税抜)

自家製ソーセージの盛り合わせ

ウィンナー、フランクフルト、

チョリソーに、アイスバインと

芝浦で手作りされたシャルキュトリーの味を

全て楽しめます。

 

トマトのファルシーサラダ  710円(税抜)

トマトのファルシーサラダ 

湯むきした丸ごとのトマトに

チキンサラダを詰めた

つばめグリルを代表するサラダ。

 

ロメインレタスのシーザーサラダ  910円(税抜)

ロメインレタスのシーザーサラダ 

ロメインレタスに自家製のベーコン、

パルメジャーノチーズ、

アイヨリソースで仕上げたサラダ。

 

かぼちゃのプリン  500円(税抜)

かぼちゃのプリン

毎朝キッチンで仕込みます。

北海道産かぼちゃを使用。

三十年以上人気№1の野菜デザート。

 

口コミ

・肉汁が詰まっていて安定感のある美味しさです。

・使用される肉が国内のものしか使わない

っていうのがおいしさの秘密かな?

 

・アツアツのプレートでサーブされて・・・

何度食べても美味しいです。

油が飛ばないように荷物用のかけ布まで

貸してくださるとかサービスも嬉しいです。

 

・店内は、混んでいましたが、料理が美味しかったので、

並んでよかったと思います。

 

・会社が近くなので、商談前にいつも利用しています。

ハンブルグステーキを注文してお腹いっぱいに

してから商談へ。予約できるのもいいですね。

 

・家では作れない本格的なハンバーグが

食べたくなると、いつも足がこちらに向きます。

その他メニュー

Sposored Link

つばめグリル店舗情報と息子、石倉知忠の熱い思い

 

店舗情報

つばめグリル 品川駅前店

〒108-0074 東京都港区高輪4-10-26

TEL:03-3441-0121

 

つばめグリル 玉川高島屋S・C店

〒158-8502 東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川高島屋S・C内

TEL:03-3709-0117

 

つばめグリル ルミネ横浜店

〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-16-1
ルミネ横浜7F

TEL:045-453-6752

 

つばめグリル ルミネ新宿店

〒160-0022 東京都新宿区西新宿1-1-5
ルミネ新宿1 7F

TEL:03-3348-4347

 

つばめグリル キュービックプラザ新横浜店

〒222-0026 神奈川県横浜市港北区篠原町2937

キュービックプラザ新横浜 1F(別館)

TEL:045-474-4046

 

つばめグリル ルミネ池袋店

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-11-4
ルミネ池袋8F

TEL:03-5954-8278

 

つばめグリル 大船ルミネウイング店

〒247-0056 神奈川県鎌倉市大船1-4-1
ルミネウイング7F

TEL:0467-48-5090

 

つばめグリル タカシマヤタイムズスクエア店

〒151-8580 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
タカシマヤタイムズスクエア13F

TEL:03-5361-1859

 

つばめグリル ホテルメッツ川崎店

〒212-0013 神奈川県川崎市幸区堀川町72-2

ホテルメッツ川崎1F

TEL:044-555-3171

 

つばめグリル アトレ恵比寿店

〒150-8508 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 アトレ恵比寿6F

TEL:03-5475-8429

 

つばめグリル DELI エキュート東京店

〒105-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1

JR東日本 東京駅構内1階 サウスコート内

TEL:03-3211-8981

 

 

つばめグリル 錦糸町テルミナ2店

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-47 錦糸町テルミナ2内

TEL:03-5619-7023

 

 

つばめグリル 渋谷マークシティ店

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-3

渋谷マークシティレストランアベニュー 4F

TEL:03-5428-3403

 

つばめグリル 銀座コア店

〒104-0061 東京都中央区銀座5-8-20 銀座コアB1F

TEL:03-3569-2701

 

つばめグリル 大丸東京店

〒100-6701 東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京12F

TEL:03-5221-7421

 

つばめグリル ルミネ荻窪店

〒167-0043 東京都杉並区上荻1-7-1 ルミネ荻窪5F

TEL:03-5335-7957

 

つばめKITCHEN アトレ品川店

〒108-0075 東京都港区港南2-18-1 アトレ品川4F 3140

TEL:03-6717-0926

 

つばめKITCHEN 丸の内店

〒105-0005 東京都千代田区丸ノ内1-6-4

丸ノ内オアゾ 5F

TEL:03-5252-7900

 

GRILL 1930 つばめグリル アトレ上野店

〒110-0005 東京都台東区上野7-1-1 

アトレ上野 レトロ館 2F 2041

TEL:03-5826-5809

 

MADE IN JAPAN つばめグリル エキュート品川店

〒108-0074 東京都港区高輪3-26-27

JR東日本 品川駅構内

TEL:03-3444-5181

 

つばめグリル DELI アトレ恵比寿店

〒150-8508 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 アトレ恵比寿 3F

TEL:03-5475-8465

 

つばめや 和牛グリル

〒104-0061東京都中央区銀座1-2-1 紺屋ビル1F

TEL:03-3561-3788

出典:https://www.tsubame-grill.co.jp

 

「つばめグリル」として、守っていきたいもの

 

社長の片腕として、「つばめグリルの味」を

常日頃から追求し、奮闘している

息子の石倉知忠さんが次のように語っています。

時代の変化の中で「売るもの」が変わっても

「理念」が変わってはいけないと思います。

世の中は変わっても長く続く商売に

挑戦していきたいと思っています。

ちなみに、定番のハンブルグステーキでも、

変わってないようで、常に微妙な

マイナーチェンジをしているのだとか。。。

変わってないようで変えている、、、

お客様には直ぐに気付かれないレベルで

実施しているようです。

 

たとえば肉質を重視するために

牛の一頭買いに切り替えたり、

ハンバーグの練り方を変えたり、

肉を挽く時の温度を氷で低温に保ったり

パン粉の改良をしたり、

旨味を逃さない為に焼き方の工夫を

科学的に検討したり。。。

出典:http://ginza-ryouin.jp

 

日々、研究し、知識を実践に変えて検証しながら

老舗の味を保っていってるのですね。

 

変わらない定番メニューであっても

そこで終わりではなく、

常に進化し続けているというところに

秘密が隠されていたようです。

 

また食べに行きたくなる魅力ある味を

創りだす根底には、

既存の商品をいかにおいしく

お客さまに出し続けられるか?

たえず研究する努力が必要なんだなぁ~

と思いました。

 

実は、一昨日娘と品川のつばめグリルに行き、

ハンブルグステーキを食べてきたところです。

 

OL時代は帰り道によく食べに行ってたので

とても懐かしかったです。

 

いつ行っても空いてないんですよね。

そして、いつ行ってもおいしくて

幸せな気持ちになれるお店です。

 

石倉悠吉社長の正直なあり方が

味の深いところで

生きている感じがしました。