2016年9月18日放送の

「この差ってなんですか?」で放送された

『皮ごと食べた方が良い野菜と食べない方が良い野菜』

の差について原因と解消方法をまとめてみました。

野菜

出典:www.osaka-saisei.jp

 

新宿白澤記念クリニックの白澤卓二先生によると、

皮ごと食べた方が良い野菜と

食べない方が良い野菜の差はないそうです。

 

えっ?


差がない???

 


というのも、全ての皮を食べたほうが良い

ということが、ここ最近の研究結果で

わかったそうなんです。

 

皮には大事な栄養素が含まれていて、

ファイトケミカルと言われているんだとか。。。

 

ギリシャ語で、ファイト(phyto)は、植物、

ケミカル(chemical)は化学物質という意味。

 

 

つまり、植物に入っている化学物質で

私たちの健康に役立つものを

ファイトケミカルと言います。

 

野菜やくだものに含まれる

第7の栄養素と言われるもので、

近年注目を集めているようです。

 

 

ちなみに、6大栄養素は、

炭水化物、ミネラル、ビタミン、

食物繊維、タンパク質、脂肪です。

Sposored Link

ファイトケミカルはどんな効果があるの?

ファイトケミカル

出典:r-yakuzaishi.net

 

ファイトケミカルには3つの健康効果がある

と言われています。


1. 抗酸化作用が強い

細胞の中で発生する活性酸素というのは、

細胞をサビつかせて老化させます。

 

このファイトケミカルは、活性酸素を

中和させるので、体をサビつかせない、

体を若々しく保つ働きがある。

 

皮にはすべて、

アンチエイジングの要素があるんです。

 

2. 炎症を抑える抗炎症作用

リウマチなど関節の痛みを抑える

 

3. がん細胞の増殖を抑える効果がある

皮ごと毎日食べていると、

ガンの予防につながるようです。

Sposored Link

ファイトケミカルを取り入れる方法



白澤卓二先生オススメの野菜は

枝豆とたまねぎ。

枝豆


枝豆のヘタの部分には

ファイトケミカルが多いようです。

 


また、玉ねぎの茶色い皮の部分には最強のファイトケミカル、

ケルセチンというのが入ってるのだとか。。。

玉ねぎ

玉ねぎの皮を捨てるということは

ファイトケミカルを捨てるということになるので

もったいないですね。

 

かと言って、あの茶色い玉ねぎの皮や枝豆の皮を

どうやって食べるのか、、、

頭に浮かびませんよね?

 


実は、簡単に食べる方法があって、

 


煮出してダシにするベジブロスという食べ方です。

 

作り方

皮を鍋に入れ、約30分ゆでるだけ。

他の野菜の皮や茎をいれてもOK。

 

ベジブロスは、味噌汁などのダシとして

使うことで、毎日かんたんに

ファイトケミカルを取ることができます。

 

白澤卓二先生オススメのくだものは、

ぶどうとりんご。

 

りんごの皮には、アップルポリフェノールという

ファイトケミカルがあり、

動物実験では、動物の寿命が伸びる

という研究結果が出ているんだとか。。。

りんご

 

昔から、りんごを1日1個食べると医者知らずと言い、

病気をしないということを

聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

りんごの皮は、皮ごと食べればOKです。

 


ぶどうのように皮を普段食べないものは、

ミキサーに皮ごと入れてジュースにする方法を

オススメします。

ぶどう

 

栄養素はミキサーにかけても

ほとんど壊れないそうです。

 


種もそのまま入れてしまうのだとか。。。

 

今まで、生ゴミとして捨てていた部分こそが

栄養価が高く、

健康には大事なものだったんですね。

 

野菜やくだものの取り方でかなり

健康になれそうな気がしました。

 

がんという恐怖感いっぱいの病気に

かからないように、明日からベジブロスで

ファイトケミカルを摂取していこうと思います。