2016年9月18日放送の

「この差ってなんですか?」で放送された

朝、疲れがとれてる人ととれていない人の差について

原因と解消方法をまとめてみました。

Sposored Link

朝、疲れがとれてる人ととれていない人の差

睡眠

出典:www.replica-watches-us.com

 

じゅうぶん睡眠をとっているのに、

朝、疲れがとれている人ととれていない人には、

どのような差があるのでしょうか?

 


東京疲労睡眠クリニックの梶本修身先生によると、

寝るときの体勢が原因だそうです。

 

いろいろな寝方があります。

仰向け、うつぶせ、横向きなど

普段どのように寝ているか?

ここがポイントとなるようです。

 

最も疲れが回復しやすいのは、横向きなんだとか。

 


食生活とかストレスで疲れがある方も

いらっしゃるのですが、

実はその中で疲れが溜まる、

眠っても疲れが取れない1番の大きな原因は、

イビキだそうです。

 

イビキって、一緒に寝ている人に

迷惑をかけているだけではなく、

自分の体にも悪影響を及ぼしているんですね。

 

イビキをかいている人は、

朝、寝起きがスッキリしていないはずなんだとか。。。

 

イビキは、仰向けで寝ているときに

重力で緩んでしまった首の筋力や脂肪が

気道を狭くすることによってかいてしまうものです。

 

眠っている間に私たちは呼吸を

約4000回くらいするらしいのですが、

実は眠っている間に、イビキをかく人は

細いストローで4000個の風船を

ふくらましている状態なんだとか。。。

 

つまり、眠っているときに

運動しているのと同じくらいの体力を

使っていることになります。

 

なので、朝起きても疲れが取れないのも

うなずけますね。

 

イビキを解消することが質の良い睡眠への

第1歩ということになります。

 

ここまででおわかりかと思いますが、

1番疲れが取れにくい寝方は、仰向けです。

 

 

仰向けに寝ている方は横向けに変える工夫を

したほうが良いですね。

Sposored Link

仰向けで寝たときと横向きに寝たときの疲労度の差

睡眠

出典:happiness-sekkotsuin.com

 

仰向けと横向きに寝たときの疲労度の違いを

測定するための実験をすることに・・・。

 

イビキがひどい20代から40代の男性5人が

疲労ストレス測定システムを使って

1日目は仰向けで6時間、

2日目は横向きで6時間寝るという

睡眠調査をしました。

 

 

疲労度を測るのは指先から自律神経のバランスで、

疲労度を測定し、基準値の2.0を超えると

疲労度が高い状態という判断。

 

1日目

Aさん(仰向け6時間)

寝る前3.2 イビキ2時間15分 寝た後4.2

 

Bさん(仰向け6時間)

寝る前2.9 イビキ1時間33分 寝た後4.9

 


Cさん(仰向け6時間)

寝る前1.4 イビキ3時間9分 寝た後6.1

 


Dさん(仰向け6時間)

寝る前2.1 イビキ1時間41分 寝た後3.3

 


Eさん(仰向け6時間)

寝る前3.7 イビキ1時間25分 寝た後5.9

 

 

睡眠をとったのに、全員イビキのせいで

疲労度が上がっているのがわかります。

 

2日目


Aさん(横向け6時間)

寝る前1.6 イビキ32分 寝た後0.9

 

Bさん(横向け6時間)

寝る前3.2 イビキ0分 寝た後1.0

 


Cさん(横向け6時間)

寝る前2.1 イビキ42分 寝た後0.8

 

Dさん(横向け6時間)

寝る前3.5 イビキ28分 寝た後2.2

 


Eさん(横向け6時間)

寝る前4.2 イビキ16分 寝た後1.4

 

仰向けで寝ていたときに

3時間以上イビキをかいていた

Cさんも1時間以内に収まり、

全体的にいびきをかく時間が大幅に短縮。

 

その結果、睡眠後の疲労度が、

全員下がっていました。

 

2日間の実験で、横向きに寝たほうが

イビキを書かずに疲れがとれることが

実験で立証されました。

 

ちなみに、横向きに寝るために、

ウエストポーチにテニスボールなどをつめ、

背中に置くと横向きで寝ることが出来ます。

 

Sposored Link

横向き睡眠は右向きと左向きどちらが良いの?


横向きがいいのがわかったけど、

次はその向きが気になります。

 

梶本修身先生によると、右側を下にするのが

ベストなんだとか。。。

 

右を下にすることで、

食べたものがスムーズに流れていくそうです。

 

便通も良くなるし、消火も良くなるので、

睡眠の質も良くなるとのことです。

 

右を下にして横向きで寝ているのに、

目覚めが悪い人は・・・???

 

イビキの他に原因があるのでしょうか?

 

目覚まし時計だそうです。

 

目覚まし時計の音で起きる人は、

大きな音量で驚かされて起きるということ。

 

こういう起き方をすると、血圧も上がり

心拍も上がる。。。

緊急事態が発生したということで

慌てて起きることになります。

 

せっかく熟睡しても熟睡感がなくなってしまうので、

音で起きるのはあまりよくないそうです。

 

一番いいのは、サバンナの動物のように

日の出日の入りを合わせることなんだとか。。。

 

光で起きる良さは、睡眠が深いところから

徐々にまぶたの上で光を感じるので、

少しずつ浅くなって行きます。

 

ゆっくりと覚醒にむかうので、

血圧が上がることも、心拍数が上がることもなく

目覚めることができるようです。

 


そうはいっても、

ほとんどの人は目覚まし時計に

お世話になっているはずですよね。

 

徐々に明るくなる光の目覚まし時計もあるようですよ。

楽天市場

 

今回は、質の良い睡眠を阻害する

「イビキ」の恐ろしさを知って、

横向きに寝ることを意識しようと思いました。

 

寝ているときなんて、

どうしようにもかえられない。。。

と諦めていましたが、

 

ウエストポーチなど工夫次第で、

イビキを解消することができることがわかりました。

 

また、枕を選ぶ際にも、今まで、

仰向けに寝て測定し、購入していたのですが、

横向きにフィットする枕を選ばなくては

意味がないということも感じました。

 

人生の3分の1は、睡眠なので、

質の高い睡眠をとっていきたいですね。