冨家規政さんが、イチから住で

東京都町田市から5年前に移住した

吉田康宏さん(72歳)とひろ代さん(67歳)に

この時期しか味わえない

ワイナリーツアーに誘われたそうです。

 

東京稲城市から移住の鈴木さん夫婦と

埼玉県大宮区から週末移住の原本さん夫婦も参加。

 

ワイン好きにはたまらないワイナリーツアーの場所や参加方法、

特徴などをお伝えするとともに、北杜に移住してる先輩の

地方移住への口コミ情報をお伝えします。

Sposored Link

冨家規政も楽しんだミサワワイナリーの特徴

冨家規政

出典:http://mydramalist.info

 

冨家規政さんの自宅から車で30分、

標高680mの明野地区にあるミサワワイナリーは、

創業1923年、およそ100年の歴史を持ってます。

 

完全予約制のワイナリーツアーは、

ブドウが実る毎年8月から10月が

1番の見ごろなんだとか。。。

 

参加料、ひとり4000円で、

ブドウ畑とワイナリーの見学、

ワインの試飲など

貴重な体験ができるそうです。

 

この畑で、最も貴重なのは、『甲州』

今まで、1本の木に約500房あったのを

20房から30房に減らした。

 

本来、食用の「甲州」は、

ブドウの房がかなり大粒。

それに比べて、ワイン用は、

ブドウを小粒にしたことで

糖度を上げる事に成功。

ワイン

出典:http://mitokushittoku.com

ワインの味わいというよりも、

しっかりとした骨格を持った

ブドウの凝縮度が大事なんだとか。。。

 

ワインのできの8割は、

ブドウで決まってしまうそうです。

 

今年の気候に合わせて、

最高のときに収穫のポイントを合わせるようです。

 

ワイン造りは、奥が深そうですね。

 

「甲州」があることで、

明野の注目度は

グーンと上がったそうですよ。

Sposored Link

金賞受賞のワインも試飲できます!

金賞受賞

出典:http://www.gosenjaku.co.jp

 

この特別なブドウで作るのが

キュヴェ三澤 明野甲州。

 

世界最大級のワインコンクール、

デキャンタワールドワインアワード2016で

金賞を受賞した、ワールドクラスの白ワインです。

 

キュヴェ三澤 明野甲州 5400円(ワイナリー価格)

 

日照時間が長く、

昼夜の寒暖差が大きい、

ワインに最適な気候のもと、

様々なブドウを栽培しているようです。

 

年間5万本ものワインを作り出しているんだとか。。。

 

大量生産ではなく、

ブドウにこだわりを持って作っている

ワインというのが良いですね。

 

次は、ワインショップでの試飲タイム。

 

まずは、金賞を受賞した

キュヴェ三澤 明野甲州 (5400円)を試飲。

 

このワインは、

ヨーロッパを中心に輸出しているんだとか。。。

 

お寿司屋さんもお得意さんだそうです。

 

ウニとかに合うようですよ。

 

高級なのがわかりますね。

 

海外のワインのトロピカルなイメージとか、

フルーツのジューシーなイメージというより、

マッチをすったような木の香り。。。

って、その表現では全然私には

想像がつかないワインの味!

 

まぁ、気になったら、ワイナリーツアーに

参加するしかないですね。

 

ただ、運転する人は、当たり前ですが、

テイスティング禁止なので交通手段を確保して

申し込んでくださいね。

 

日本酒よりすっきり飲めるから、

お寿司には合うかもね

と言いながら吉田さんがワインを飲んでいました。

 

 

日照時間が長く、年間を通して雨が少ない明野では

カベルネ・フランという希少なブドウの栽培も可能。

カベルネ・フラン

出典:http://www.grace-wine.com

 

このカベルネ・フランという希少なブドウで作る

グレイスカベルネ・フラン 5940円(ワイナリー価格)

というワインもワイナリー自慢の一品だそうです。

 

ツーンとした香りもあるが、

口に入れた時の滑らかさが

エレガントな物って、ヒレ肉を塩だけとか

赤身をレアで食べるときなどに合うようです。

 

 

最高級のワインを試飲できるのは

ワイン好きにはたまらないんじゃないでしょうか?

ミサワワイナリー参加方法

このワイナリーツアーは、

毎日行っていないようです。

 

2016年9月20日現在の予約可能情報

10月は、8日、9日(午後)、10日、15日(午後)

18日(午前)、22日(午後)、23日、24日(午後)

30日(午後)が予約可能だそうです。

 

参加費:4000円

開催時間:10時00分~12時00分 (どちらか)

     14時00分~16時00分

WEB申込み又は電話申し込み

TEL:0551-25-4485

 

 

住所:山梨県北杜市明野町上手11984-1

日にちと時間が合う方は、

美味しいワインのテイスティングと

気持ちのリフレッシュに行ってみるといいですね。

Sposored Link

吉田さん夫婦のご自宅でガーデンパーティー

ワインを購入したら、

吉田さんのご自宅へ招かれて

ガーデンパーティー。

 

住み慣れていない土地で、

積極的に移住された人や、

現地の方との交流で

さまざまな生きる知恵をもらえたようです。

 

吉田さんは定年退職後に150坪の土地を購入し、

2SLDKの一軒家を建てたそうです。

 

吉田さんの用意してくれた

チーズとサラミの盛り合わせ、

ポテトサラダを載せたバゲット

ボロネーゼのパスタ

 

さらに、メインのお肉も。。。

お肉のソースには先程ワイナリーで購入した

ワインを使って、グレイビーソースを。。。

 

とても美味しそう!

 

実は、吉田さんが北杜に移住したきっかけは、

息子さんだったそうです。

 

息子さん夫婦が先に北杜に移住していて、

そこに何回か遊びに行くことで、

清里の良さがわかって、

 

これだったら、リタイアした後に

住むにも良いかなと思い、

後から追いかけて移住したらしいですよ。

 

冨家規政さんに、

吉田さんの奥さまがやさしく語っていました。

「奥様を説得できるかどうかが鍵ですね。」

って・・・。

 

旦那さまいわく、移住当初、

奥様はだいぶ後悔の念が。。。

 

北杜でどうやって楽しくやっていくかを

色々試行錯誤しながら、

今の生活パターンを確立したんだとか。。。

 

奥さまがここに住み着くまでには

かなり苦労したようです。

 

東京稲城市の鈴木さんの奥さまも、

最初のうちは、1年ぐらいかな、

ぼやきが続いたんじゃない?

なんて言ってました。

 

やはり、都会の住み慣れたところを離れて、

田舎で暮らすことに少し抵抗があるのは

女性の方だということでしょうか?

 

一方、まだ、住んでないけど、

毎週末来ている原本さんは、

奥さまが、ここに来ると、ホッとして、

癒やされると言ってました。

 

ただ、住んでないからなのかもしれませんね。

 

移住したら違った意味で、原本さんの奥さまも

ぼやき始めるかもしれませんが。。。

 

冨家規政さんは、

3ヶ月近くこちらに身を寄せてみて

とても気にいっているようです。

 

2時間ぐらいで東京に行けてしまうので、

北杜に住みながら東京の仕事はできてしまうので、

そういうスタイルもいいなぁ~と。。。

 

都会から離れ、早、3ヶ月。

すっかりハマっているようですね。