コンタクトを初めて作る時、

まずどこに行けば良いのか?

 

どうやってつけるのか?

 

コンタクトの種類は

何があってどうやって選ぶのか?

 

コンタクトはいくら位するものなのか?

 

コンタクトを作るのに

どのくらいの時間がかかるのか?

 

などなど。。。

 

 

わからないことだらけだったので、

調べたことや実際に感じたことを

コンタクトを初めて作った

中学1年の娘の体験談とともにお伝えします。

Sposored Link

コンタクトを初めて作る時どこに行けばいいの?

コンタクト

出典:http://www.aeon.jp/

メガネ屋さんに行くべきか?

眼科に行くべきか?

 

迷ってお友達のお母さんに聞いたり、

ネットで調べてみると、

 

まずは、眼科に行くのが正解。

 

理由は、コンタクトを作るには、

検査が必要だからなのです。

 

眼科で処方箋を書いてもらわないと

コンタクトは作れません。

 

メガネを購入するときと同じように

いくつかの目の検査をして、

先生がコンタクトを付けても大丈夫と判断したら

コンタクト処方箋を書いてくれます。

コンタクト処方箋を持って

メガネ屋さんに行き、

コンタクトを購入する感じの流れです。

 

ここで、コンタクトの種類などはどこで決めるの?

 

コンタクトの付け外しは誰が教えてくれるの?

 

という疑問をお持ちの方も

いるかもしれませんね。

コンタクトの取り外しは、

眼鏡屋さんが指導してくれます。

 

眼科にもよるかもしれませんが、

娘が行った眼科は、歩いて2分のところにある

メガネ屋さんと提携しているので、

 

「うちでコンタクトの処方箋を書くと、

眼科は○○眼科になりますけど、

よろしいですか?」

 

なんて受付の女性に聞かれました。

 

知識がなく、いきなり言われると

どう返事をして良いのか???

 

「はい、いいです」

というしかないですよね?

 

すると、5分も立たないうちに白衣を着た

おじさんが来て、

コンタクトの種類の説明をしてくれました。

Sposored Link

コンタクトにはどんな種類があるの?

コンタクト

出典:http://eye-space.jp/

コンタクトには、大きく分けて

ハードコンタクトソフトコンタクトがあります。

 

では、それぞれの特徴を見てみましょう!

 

ハードコンタクト

水分をほとんど含まない

プラスチック製の素材でできていて、

直径が小さく酸素をよく通してくれる素材なので

長時間装用に向いている。

丈夫で長持ちするので低コスト。

 

ソフトコンタクト

水分を多く含む素材でできているため、

目に入れた時に異物感を感じにくく、

慣れやすいことが特徴。

外れにくいので、スポーツする方にも向いている。

1日の使い捨てタイプや、2WEEKS、1ヶ月など

装用期間の選択肢が複数あるのも特徴です。

 

 

初めてのコンタクトレンズは、

「ソフトが良い」といろいろな方から聞くのは

選択肢が多いからのようです。

 

体験談

娘は部屋の片付けなど

キッチリするタイプではないので、

あまり手間のかかる物は出来ないと判断!

私は1日使い捨てタイプがいいのかな?

と密かに思っていました。

 

 

さすがに、コンタクトの装着や洗う作業を

私が手伝うことになるのは困ると思ったので。。。

 

娘は周りのお友達でメガネから

コンタクトに変えた人に、

聞き取り調査をしていたのです。

 

どんな種類のコンタクトか?

洗い方は?

つけるの簡単か?

などなど。。。

 

その結果は、

5人聞いて、5人がソフトコンタクト。

さらに、みんな2weeksを選んでいるとのこと。

 

本人ができるというので

娘も2Weeksにしました。

 

友達の影響は大きいですね。

Sposored Link

コンタクトを作る時の値段はいくら?かかる時間は?

コンタクトを作る時にかかるお金は

眼科の検査代コンタクト代です。

 

2週間前に娘が実際に作ったので

それを元にお伝えすると、、、

 

初回コンタクト費用内訳

眼科の検査料 1,450円

ソフトコンタクト2WEEKS 6,800円(3ヶ月分)

(ジョンソン&ジョンソン アキュビューアドバンス)

ソフトシンプルワン(洗浄液)1,000円

  

消費税など入れて

約10,000円でした。

 

ちなみに、ハードコンタクトレンズは、

片眼10,000円前後で視力が変わらなければ

2~3年使用できると言われてます。

 

一方、ソフトレンズは、1日使い捨ての

ワンデータイプが一日あたり片眼100円、

マンスリータイプが1日30円くらいです。

 

コンタクトを作るのにかかる時間は?

眼科の混み具合にもよると思いますが、

通常1時間半~2時間と言われています。

娘の場合は、2時間半でした。

 

患者さん誰もいなくて貸切状態だったのに。。。

 

というのも、そこの眼科は、

コンタクトを入れたところを先生が確認し、

大丈夫なら処方箋を書いてくれるのですが、、、

 

娘はすんなりコンタクトを

入れることが出来ませんでした。

 

知らないおじさんに

目に異物を入れられるのですから

怖くて目をつぶってしまうこと15分!

 

泣きながらの格闘でした。

 

自分で入れたほうが良かったのに!!

って言ってました。

たしかに目を突かれそうで怖いですよね?

 

あとで友達に聞いてみたら、

人にコンタクトを入れられるなんてこと

しなかったというのです。。。

 

みんな、自分で入れたりとったりする練習は

メガネ屋さんで1回やっただけなんだとか。。。

 

娘は眼鏡屋さんでも1時間ぐらい

付け方の練習をしてもらったので

合計2回。

 

眼科で人に入れられたときより

自分でコンタクトを入れるほうが

全然簡単だった~と笑っていました。

 

コンタクトを初めて買う時のまとめ

コンタクトを初めて買う時は、

まず、眼科に行く。

次に処方箋を持ってメガネ屋さんに行く。

 

コンタクトの種類の説明を受け、

コンタクトの種類を選ぶ。

 

コンタクトを購入し、

コンタクトの入れ方や取り出し方、

洗い方などを教えてもらう。

 

コンタクトが合わない時や

バイキンが入ってしまったときなど

目が充血するそうです。

 

手をよく洗わずにコンタクトを洗浄してしまったり

花粉症などのアレルギーの方は

結構、目の不調を訴える方が多いんだとか。。。

 

そういう時はすぐに眼科へ来て欲しい

と言ってました。

 

娘のお友達のお姉さんは、

2Weeksを使っていたのですが、

バイキンが入り、

目が充血してワンデーに変えたそうです。

 

ちなみに、3ヶ月に1回は目の状態を

眼科に診てもらったほうがいいんだとか。。。

 

視力も変動的な時期ですからね。

視力を測ってもらい、

きちんと合っているコンタクトを

使わせてあげたいですね。

 

メガネより全然ラクちん!

娘がコンタクトをつけて学校に行った

初日の発言です。