情熱大陸に出演する加藤積一さんは、

東京都立川市にあるふじようちえんの園長さんです。

教育一筋ではなかった加藤積一さんの経歴や

海外からも視察団が来るほど注目をあびている

ふじようちえんの特徴について調べてみました。

Sposored Link

加藤積一さんはどんな人?

加藤積一

7月24日の情熱大陸に出演する加藤積一さんは、

東京都立川市にあるふじようちえんの園長さんです。

 

慣習や常識にとらわれず、

子どもを育てるには何が必要かと、

一つ一つ考えて作り上げた園舎は海外からも

視察団が来るほど注目を浴びています。

 

ふじようちえんの教育は、

子供に媚びない、あやさない、

子守じゃないということを掲げ、

子供の「気づき」をサポートするのが

園の役割だというのをモットーとしているようです。

 

 

子供を一人の人間として成長させるために

じっくり横で見てくれる先生たちがいる

そんな教育を受けられるふじようちえんを

運営している園長の加藤積一さんは

どんな経歴の持ち主なのでしょうか?

 

1957年東京都生まれ。

1980年法政大学社会学部卒業。

商社勤務、ケーキ店経営などを経て、

1992年藤幼稚園入社。

2000年に園長就任。

現在、NPO法人全国元気まちづくり機構理事、

私立幼稚園経営者懇談会会員も務める。

藤幼稚園の他、東京都認証保育所

「スマイルエッグス」託児所

「スマイルキッズ」経営。

 

 

サラリーマンを経験されているのですね。

もしかしたら、企業で経験された着眼点が

幼稚園の運営にも役立っているのかもしれません。

 

 

飼育している馬に乗馬したり、

育てたジャガイモでポテトチップスを作ったり、

身の回りに溢れている「本物」を通して

子どもの自立を第一に考えた

ユニークな教育方法を取り入れられています。

 

 

加藤積一さんの企業での経験が

豊かな発想となってふじようちえんに

活かされているのではないかと私は思います。

Sposored Link

ふじようちえんの特徴は?

ふじ幼稚園

一周180mの走れる屋上テラスの外観が特徴で、

1度見たら「あぁ、ふじようちえんね。」

と、誰もが頭にインプットできてしまう印象的な建物。

仕切りがない

建物の仕切りがないので、先生たちは、

すべてを見渡せるようになっています。

隠れる事が出来ないという環境なんですね。

 

 

この建物、素敵だけど、開放的すぎて

先生方は園児たちを監視するのが大変じゃないのかな?

って最初は思いました。

 

 

子どもたちの行動に歯止めがきくのかどうか。。。

 


そんな心配をよそに、

しっかり子どもが強制的ではなく

自分の意志で自分の場所に

戻ってくるということができているようです。

 


普通の幼稚園は、ゆり組さんとか、

もも組さんとかクラスで仕切られているので、

箱のなかに閉じ込められている

そんなイメージです。

 

クラス単位で歌を歌ったり、

絵を書いたりといった

決まったカリキュラムで

毎日過ごしている感じですね。

 

それをやりたくない子も少なからずいて、

教室から出て行ってしまう子や、

何もやらずにボーッとしている子も

中にはいるようです。

 

そんな時、怒って無理やりでも

やらせる先生もいれば、

無視している先生もいるとか。。。

 

周りの子供達からすれば、

きっと異端児に思われてしまうでしょうね。

 

ふじようちえんは、そんな心配がなさそうです。

180m走れば元の場所に戻ってくる。。。

裸電球

出典:http://kenchiku.tokyo-gas.co.jp/live_energy/space/06.html

 

保育室の裸電球も、最初、子どもたちは

リモコンを探していたそうです。

ひもを引っ張れば、ついたり消したりできる

ということを初めて知ることができるといいます。。。

 


雨が降ると、雨樋からザーッ

と水が落ちてくるのが見え、

子どもたちはそれを触るのが楽しい。

すると、案の定、洋服が濡れる子も。。。

 


親でも先生でも

見ていてハラハラしてしまう光景。

 


実際、私がその場にいたら、

その状況を笑って見ていられるだろうか?

 


普通の幼稚園の先生や親は、

「○○ちゃん、腕をまくりなさい!」

と先回りして注意してしまうと思います。

 


でも、ふじようちえんの先生たちは、

「腕をまくりなさい!」

なんて声かけはしないそうです。

濡れたら冷たいとか寒いとか感じたり、

あまり濡れないように

と自分で腕をまくったりするようになる。

そういうふうに、自分で気付いてやることが、

育ちだといいます。

 


だからふじようちえんの先生たちは

子どもの横でゆっくりと見ていてくれます。

その子にとって、自分で気付くことの大切さを意識した

教育方針を持ってくれているのですね。

 


子どもたちが興味を持ったことを

興味を持ったその時に味わうことができ、

そこから何かを得ながら成長できる

そんな素敵な幼稚園だからこそ、

ふじようちえんは、海外からも注目を浴びていのだと思います。

Sposored Link

ふじようちえんに入るために必要なこと


海外からも注目を浴びているぐらいなので、

近隣に住んでいなくても通わせたいと考える

親はたくさんいると思います。

 

ふじようちえんは、

先着順に入園できるわけではなく、

しっかり幼稚園に向き合ってくれる家庭の

お子さんを選抜する仕組みです。

 

園に入る前のプレの段階から、

親子教室に参加し、年間を通じて

ふじようちえんで遊んだりしながら

ふじようちえんの仕組みを知った上で、

入園してもらいたい。

と加藤積一さんは考えているようです。

出典:https://fujikids.jp/enter/

 

 

ちょっと普通の幼稚園をイメージして入ったら、

あわない子もいるかもしれませんからね。

 

人気がある以上、入れない子が出てきてしまうのは

どこの幼稚園も同じだと思います。

 

そんな人気の幼稚園に入るには、入る方も

受け入れる側もしっかり気持ちを持つことが

3年間を有意義な時間にできるのでしょう!

 

ふじようちえんを調べていくうちに、

こんな幼稚園が近くにあったら、

自分の子供を通わせたい!

と素直に思いました。

 

初めて親から離れた時間を過ごす

幼稚園という大事な時期に

子供も親も楽しく成長していける気がするからです。

 

ふじようちえんに

入園希望者が殺到するというのも、

海外から視察が来るというのも

納得の行く幼稚園でした。

 

加藤積一さんの育てた子どもたちが

卒園し15年後、20年後たって

どんな大学生や社会人になっているのか、

見てみたい気がします。