寝ている時に足がつって目が覚めたけど

動かせなかったという経験がありませんか?

 

「こむら返り」とも言いますね。

 

実は私、最近よくふくらはぎをつってしまい

痛くて目がさめることが多いです。

 

1度だけならスルーできることでも、

2度、3度と続くと

「どこか悪いのかも!」と考えたりして。。。

 

足がつるだけとは言え、

体の異変には違いありませんので、

調べたことをシェアしますね。

 

ここでは

・足がつる原因は何?

・頻繁に足がつる場合は病気の可能性がある?

・足がつるのを防ぐ方法

についてお伝えします。

Sposored Link

足がつる原因は何?

足がつっている人

ふくらはぎがつる原因は次の2つ

 

1.筋肉疲労

運動の負荷によって生じる疲労

 

2.血行不良やミネラルバランスの崩れ

 

これだけを聞くと、

スポーツ選手以外は、

2のミネラルバランスの崩れかな?

と思いがちですが。。。

 

ただ、ここで言う「筋肉疲労」は、

もちろんサッカー選手やテニスプレーヤーが

運動中に起こりやすいものではありますが、

ウォーキングやハイキング等の軽い運動でも

起きることがあるそうです。

 

たとえば準備運動が不十分だったり

普段使っていない筋肉に急に力を入れるなどですね。

 

また、同じ姿勢を長く続けたときの疲労感も

筋肉疲労になるようです。

 

ちなみにデスクワークで

ずっと椅子に座リ続けた場合に感じる

倦怠感も筋肉疲労なんだとか。。。

 

つまり筋肉疲労は激しい運動をしなくても

発生するということのようです!

 

 

就寝時に足がつる場合は、

主に筋肉疲労が原因だと言われています。

 

日常生活の小さな疲れが積み重なった場合や

普段よりも少しだけ激しく体を動かす場面が

あったりすると、ふくらはぎがつる可能性が

あるんだとか。。。

 

たしかに、私の場合は、キリがつかずに

パソコンに向かっている時間が長くなった時に

足がつっているような気がします。。。

 

体が悲鳴を上げているのかもしれないですね。

 

ストレッチしたり、休息を入れなさい!

という体からの警告のように思えてきました!

 

あなたにも当てはまることが

ありましたか?

 

筋肉疲労に該当しないなぁ~と思われる方は、

冷えによる血行不良やミネラルバランスの崩れが

原因なのかもしれません。

 

たくさん汗をかいた後や下痢や嘔吐の後に

脱水状態になると、ミネラルバランスが崩れ

筋肉が興奮状態になり、

足がつることがあるんだとか。。。

 

このミネラルバランスの崩れのことを

「電解質異常」といい、

不足している成分を補って、

食生活を見直すことも

必要になってくるようです。

 

まずはご自身がどちらの原因で足がつったのか?

しっかり分析することが必要ですね。

Sposored Link

頻繁に足がつる場合は病気の可能性がある?

医者

ただ、足がつるだけなら

健康な人にも起きることなので

心配することはないです。

 

しかし、頻繁に足がつる場合には、

病気が引き金になっている場合があるといいます。

 

例えば糖尿病の場合は血糖値が高い状態が続き

電解質のバランスが乱れることで

足がつると考えられているのだとか。。。

 

もし、足が頻繁につる場合には、

他の症状がでていないか、

チェックしてみましょう!

 

◆喉が渇く、手足がしびれる

→糖尿病

 

◆腰痛

→椎間板ヘルニア

 

◆むくみ

→腎疾患

 

◆歩行障害

→脊柱管狭窄症、閉塞性動脈硬化症

 

◆手足の麻痺、言葉のもつれ

→脳梗塞

 

これらの症状は重大な病気を教えてくれている

サインです。

 

早めにお医者さんの診察を受けましょう!

 

さすがに、歩行障害や手足の麻痺、

言葉のもつれが出た時は、

足がつらなくても

病気の可能性を疑うと思いますが、、、

 

喉が渇く、手足がしびれる、腰痛やむくみは、

そのまま放置する方も多いのではないでしょうか?

 

足がつった時は、怖い病気が

隠れているかもしれないということを念頭に置き、

他の症状を気にしてみることが重要ですね。

Sposored Link

足がつるのを防ぐ方法

ストレッチ

足がつりたいと思う人なんていないと思います。

できることなら、足がつるかもしれないという

あのイヤな瞬間を味わいたくないですよね?

 

もちろんつっている状態も痛くて嫌なのですが、

「あっ、今から足がつりそう!」と感じるあの瞬間が

自分の意志で止めることができないので

余計に恐怖なんですよね。

 

できるだけ足がつらなくなる方法を

2つお伝えしますね。

 

食生活の改善

疲労が蓄積しないように、

疲労回復に効果的な栄養を取るように心がける。

 

疲労回復に効果的な栄養素は

ビタミンB1とビタミンE。

 

ビタミンB1:豚肉、うなぎ、胚芽米

ビタミンE:マグロ、ナッツ類、カボチャ

などに多く含まれているようですよ。

 

また、ミネラルの中の

カルシウムやマグネシウムは

特に補うことが大事なんだとか。。。

 

カルシウム:乳製品、小魚

マグネシウム:豆腐、ヒジキ、アーモンド

 

必ず毎日食べなきゃ!と思うと、

続かないものですが、

意識するのとしないのとでは

かなり差が出てくると思います。

 

これらの食品をできるだけ多く取ろう

という意識を持っていたほうが良いですね。

 

ストレッチで改善

デスクワークなど同じ姿勢をしていたために

起こる筋肉疲労は、適度な運動が効果的。

 

肩こり改善にもなりますので、

背中を伸ばしたり

首や肩を回すストレッチを

意識的に取り入れましょう!

 

簡単なストレッチ法を見つけました。

肩こり解消ストレッチ

 

 

今回は、

・足がつる原因は何?

・頻繁に足がつる場合は病気の可能性がある?

・足がつるのを防ぐ方法

をお伝えしました。

 

健康でいるためには

適度な運動とバランスのよい食事が

大事だと改めて認識しました。

 

体が悲鳴を上げているときには

その声を素直に聞いて

改善して行こうと思います。