お風呂のパーツって色々ありすぎて

ついつい後回しにされがちな場所、

窓やドア、網戸が実はドロドロ状態だったり

黒カビが発生していることも

多いのが事実。。。

 

我が家のお風呂場のドアも

かなりひどいことになっていました。。。

 

 

しかも、お風呂側ではなく、入り口側なので、

どれだけ普段の掃除をサボっていたかが

わかってしまいますね。

 

 

ここでは、

・お風呂のドアと窓、網戸の掃除に必要な道具

・お風呂のドアと窓、網戸の重曹を使った掃除方法

・重曹を使った掃除方法でかかった時間と結果

についてお伝えします。

Sposored Link

お風呂のドアと窓、網戸の掃除に必要な道具

・重曹

重曹

・スプレーボトル

スプレー

・スポンジ

 

・使い古した歯ブラシ

 

・ボロ布

 

・ゴム手袋

 

・柄つきメラミンスポンジ (100均にあり)

柄つきメラミンスポンジ

 

(窓のゴムパッキンに黒カビがある場合)

・マスク

・カビキラー

・ラップ

 

ちなみに重曹は、100円ショップや

西友などのスーパー、

ドラッグストアーなどで

購入することができます。

 

重曹のお手軽さを満喫したい場合には、

大きめのものを購入したほうが結果的に割安ですが、

ちょっと試しに使ってみるくらいでしたら、

100円ショップで売っている500g入りの

小さいもので充分かと思います。

Sposored Link

お風呂のドアと窓、網戸の重曹を使った掃除方法

お風呂の窓

重曹水を作る

約40度のお湯100ccに重曹小さじ1の割合を

スプレーボトルに入れ混ぜる。

 

 

お風呂場の窓やドアの大きさにもよりますが、

我が家の場合は、200ccのお湯と重曹小さじ2の

重曹水を作り、少し余ったくらいでした。

 

 

窓と網戸

1.泥汚れがひどい場合は、ザーッと

シャワー水をかけて落とせるドロは落とす。

 

この時、かなりの泥水が流れると思います。

 

重曹水をスプレーをし、

スポンジでガラス部分を軽くこする。

(スルッと汚れがとれます。)

 

 

水やお湯だけでこすってみると違いがわかるのですが、

泥汚れってなかなか落ちないんですよね。

 

重曹水の隠れたパワーにびっくりしますよ!

 

 

ほとんどの部分は、重曹水をシューッとひと吹きして

スポンジで汚れを拭く感じで取れるはずです。

 

私はスポンジを洗うのが面倒になり、

途中からボロ布で拭いてポンポン捨てていました。

 

端っこの方やサンの部分は、シュートひと吹きして

歯ブラシでこすります。

 

ここで言うこするというのは、ゴシゴシではなく、

汚れを掃いていく感じです。

 

 

汚れが端っこに溜まるので、

シャワーの勢いで取り除きます。

 

全体にシャワーをかけてみて、汚れをチェックし、

残っていなければ、OK。

 

もしゴムパッキンに黒ずみが見えたら

黒カビの可能性が。。。

 

ゴムパッキンの汚れが落ちなかった場合は、

最後にカビキラーを使います。

 

網戸

網戸って、シュッと重曹水をスプレーしても、

結局は穴から窓の方へ行ってしまうので

スプレーは役に立たないですよね?

 

 

今回は、柄がついたメラミンスポンジを

使ってみました。

 

 

もちろん柄がついていない普通のスポンジでも

大丈夫です。

 

 

重曹スプレーをスポンジにスプレーして、

網戸を軽く撫でるだけです。

 

 

網が破れやすいので

強くこすらないようにしましょう!

 

 

こんな感じで汚れが落ちます。

反対面も同じように軽く撫でます。

スポンジの汚れ

 

こんなに汚れていたの?

って怖くなるくらい

真っ黒になります!

 

網以外の場所は、窓の時と同じように

シュッとスプレーして拭く感じですね。

 

網戸の網の部分は、水を含ませたスポンジで

仕上げにもう一度撫でる

網以外の部分はシャワー水で流せばOK。

 

ドアの汚れ

ドアの汚れ

これ、家の中ですからね。

汚すぎ!!

 

こんなにホコリが詰まってて、、、。

 

実は、昨年、子供たちが受験生だったので、

大掃除してないんですよね~。

 

って、2年ぶりのドア掃除???

ですね。

 

 

浴室の中は、掃除しなくちゃ!

となるのですが、、、

 

ここって、見て見ぬふりが出来てしまう場所??

ではないですね。(笑)

 

 

これは重曹の力を見ることができるチャンスですね。

 

 

重曹水を3、4回くらい吹きかけ、

歯ブラシでこすります。

 

 

ゴシゴシとナデナデの間くらいの力かな?

 

思ったより、全然すんなりです。

 

 

歯ブラシに絡みついたホコリなどをボロ布で取るのが

面倒でしたね。

 

もしかしたら、使い古しの歯ブラシが

たくさんあったら、

スムーズだったかもしれません。

 

 

汚れが取れたら、水拭きをします。

 

ガラス部分は重曹水をスプレーして

ボロ布で拭く。

 

そのあと水拭きで仕上げる。。。

 

 

これで終了です。

 

 

全てに共通なのが、重曹水で汚れを落としたら、

水で流したり、水拭きして仕上げるということが

大切です。

 

白く残ってしまいますからね。

 

こんな感じです。

Before

Before

after

After

Before

Before

after

After

重曹のパワーを感じることが出来ました。

Sposored Link

重曹を使った掃除方法にかかった時間と結果

かかった時間と結果

重曹を使った掃除にかかった時間は約45分でした。

 

思った以上に力を必要としないからでしょうか?

 

窓と、網戸、ドアの大きさにも

よるかもしれませんが、

汚れがスーッと取れるので

あっという間に終わった感じです。

 

 

こんなに簡単なら、

汚れたな~と感じた時にシュッとスプレーして

重曹水掃除に取り組めそうな気がします。

 

 

掃除が億劫になって後回しになるのって、

面倒だったり、

道具がすぐになかったりするからなんですよね~。

 

私は、すでに重曹の魅力にハマってきちゃいました!

 

最後にゴムパッキンの黒ずみが落ちなかった方の

対処法をお伝えしますね。

 

ゴムパッキンの汚れが落ちなかった方は、

最後にカビキラーを使います。

カビキラー

マスクとゴム手袋着用、換気を忘れずに!!

 

1.気になる黒カビ部分に

カビキラーをシュッと吹きかけて

上からラップをし、30分置く。

 

2.ラップを外し、シャワーの水で洗い流す。

 

カビキラーでも落ちない頑固な黒カビが気になる方は、

こちらの記事もどうぞ。

カビキラーでも落ちないゴムパッキンの黒カビ除去はこちら

 

今回は、

・お風呂のドアと窓、網戸の掃除に必要な道具

・お風呂のドアと窓、網戸の重曹を使った掃除方法

・重曹を使った掃除方法でかかった時間と結果

についてお伝えしました。

 

お風呂掃除がラクにきれいになるといいですね。