くしゃみが止まらない!

のどもいがらっぽくて咳もたまに出る。。。

 

まさに風邪ひいたと思いながら早2週間!

 

あれ?

これって風邪ではなかったの?

と思って調べている方、多いかもしれませんね。

 

私も花粉症にかかるまでは、

もう少し温かくなった3月や4月の病気だと

思っていましたから。。。

 

実際は、2月から飛び始めている花粉も

たくさんあるんですよね。

 

ここでは

・2月の花粉症の原因となる植物はスギ?

・風邪と花粉症はどこで見分ける?

・症状を軽くするための対策はあるの?

についてお伝えします。

Sposored Link

2月の花粉症の原因はスギだけ?

スギ

出典:http://www.fpri.hro.or.jp/

 

春の花粉と言えばテレビのCMなどでも

よく目にするスギ花粉が有名ですが、

実は、スギ以外にも花粉症を引き起こす

原因となる花粉があります。

 

地域によっても、その年の気候によっても

花粉の飛来する時期は変化します。

 

自分の住んでいる地域では

どんな花粉がどの時期に飛ぶのかを

知っておくことが大事ですね。

 

また、自分がどんな植物にアレルギーを起こすのか、

病院で検査してもらうのも、

予防する上では、有効な手段だと思います。

 

2月の花粉症の原因となる植物はなに?

 

一番多いのがもちろんスギ花粉症なのですが、

例えば、花粉症の同僚の症状が終わったのに、

まだ自分は続いている。。。

 

 

というような時は、

スギ以外の植物が原因であることを

疑ったほうが良いですね。

 

それでは原因となる植物と生息地について

見ていきましょう!

 

スギ

本州北端から屋久島まで自生する。

 

ヒノキ科

本州中部(福島県)以南から九州まで分布。

スギ花粉より遅れて飛び始めるところが多い。

 

ハンノキ(カバノキ科)

北海道から九州に分布し、

湿った土地に生える樹木

 

オオバヤシャブシ(カバノキ科)

東北南部(福島県)以西の太平洋側と

四国、九州の低山帯、平野部に分布。

日本海側にはほとんど自生しない。

 

 

私はスギ花粉症なのですが、

私の上司は、私の症状がラクになり始めた

4月の中旬頃からグスグスし始めていました。

 

 

病院で検査をしてもらったら、

ヒノキの花粉症だったようです。

 

ゴールデンウィークに

まだ花粉症なんですか?

出遅れてる!

なんて言われていたのですが、、、

 

原因が違っていたわけなんですよね。

 

 

ご自身の症状が出始める時期や期間など、

原因となる植物によって異なりますので、

イヤな症状を緩和するためにも、

どんなアレルギーを持っているのか

知っておくことはとても大事ですね。

 

 

ちなみに病院でアレルギーの

血液検査をするための金額ですが、

選ぶ項目によって異なるようです。

 

2年前、娘が皮膚科で検査した時は

20項目~25項目で

5,000円位だったと思います。

 

初診料なども含まれての金額です。

 

かなりアバウトですが。。。

Sposored Link

風邪と花粉症はどこで見分ける?

クシャミ

風邪と花粉症の違いは、

区別が難しいかもしれませんね。

 

ましてや、今まで花粉症の人が

何人も周りにいたとしても、

自分は花粉症とは無縁の人間だ

と思って生きているわけですから。。。

 

突然、今日から花粉症だなんていう事実を

すぐに受け入れられるはずがないですよね。

 

私は29歳の時、仕事中にいきなり

くしゃみ30連発して、止まらないくしゃみに

びっくりしたことを覚えています。

 

 

次の日、アバラのあたりが

筋肉痛になってしまったほどです。(笑)

 

その次の日は何も症状がなく、

その年は不思議なことにそれだけでした。

 

でも、次の年には目が痒くなり、

くしゃみと鼻水が止まらない。。。

 

鼻水がタ~とたれてくる感じで、

マスクをしていても中がグジョグジョ状態!

 

耳鼻科に行って検査してもらったら、

スギ花粉でした。

 

飲み薬と点鼻薬、目薬を処方してもらい、

来年からは、花粉症であることを認識し、

早めに病院に来てくださいね。

と言われ、、、

 

花粉症と付き合っています。

 

あのくしゃみ30連発は、

次の年に花粉症の症状が出てきたので

花粉症の初期症状だったんだ

と認識した出来事なのですが、

 

その時は花粉症かも!

なんて全然思いもしませんでしたからね。

 

 

花粉症と風邪の違いは、

目のかゆみが一番大きな違いではないでしょうか?

 

風邪で目が痒くはなりませんからね。

 

そしてもう一つの大きな特徴として、

花粉症の鼻水は、

勝手に水が流れるように

タラ~っと流れてくる感じです。

 

風邪の時って、ちょっと粘りっ気のある

鼻水だと思うのですが、花粉症の鼻水は

水道の蛇口から流れ出るきれいな水って感じです。

 

鼻詰まりは、人によりますが、

私は両方の鼻が詰まって

息をどうやってしたら良いの?

って、真面目に耳鼻科の先生に聞いたくらいです!(笑)

 

口があるだろう?

なんて笑って言われましたが、、、

 

冗談なんて交わしている余裕が無いくらい、

鼻声で苦しくて、苦しくて、、、。

 

鏡で見たら、鼻の穴の奥の方に、

普通の状態の時は見えないような

フタが塞がっているのが分かるんです。

 

スキマがなくなってしまうんですね。

 

処方してもらった点鼻薬をすると、

ス~っと鼻腔が通ってスッキリするのですが、

怖いことに、8時間ぐらいすると、

ピタッとまた詰まり始めるんです。

 

恐るべし、花粉症!

 

早めに受診しないから

こんなにひどい症状なんだぞ!

と起こられたのは花粉症3年目。

 

まだ、花粉症をしっかり受け止めていなかった

というか、花粉症を甘く見すぎてたバツですね。

 

鼻水は我慢できるけど、

私にとって鼻詰まりは、

花粉症の中で一番不快で

我慢できない症状なのです。

 

次の年からは、先生の言うことを守り、

成人式の日が過ぎたら

病院へ行くというのを目標にしています。

 

さて、風邪と花粉症の共通点は、

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳、発熱。

 

でもよく比較してみると、

いつもの風邪の時とは

回数や頻度の違うくしゃみ。

 

鼻水の性質も違うんですよね~。

自分の体だから自分が一番

よくわかっていると思います。

 

なんかいつもと違う風邪と思ったら、

花粉症を疑ってみてくださいね。

 

そして、早めに病院に行くことをオススメします!

Sposored Link

花粉症の症状を軽くするための対策はあるの?

症状を軽くするための対策

 

症状を軽くするための対策は、

いろいろありますが、

いちばん大事なのは、

花粉を吸い込まないようにすることです。

 

外出

花粉予報をテレビのお天気コーナーなどで

チェックして、花粉の多い日は

できるだけ外出をしないようにしましょう!

 

どうしても外出しなくてはならない時は、

花粉が多く飛散すると言われる時間帯

(午後1時~3時)は避けるように。

 

外出する時は、マスク、メガネをし、

できるだけ花粉を払いのけられる素材の服装で!

 

帰宅時

帰宅する時は、玄関に入る前に

花粉をしっかりはらうという行動が重要です。

 

これ、本当に大事ですよ。

 

特に、旦那さまやお子様にも徹底して

花粉を家の中に入れない協力をしてもらうと

良いですね。

 

というのも、我が家の主人は何も考えずに

「ただいま~」と笑顔で帰宅!

 

すると、5分もしないうちに鼻がムズムズしてきて、

私と娘はくしゃみが始まりますからね。。。

 

だから ”花粉を払ってから家の中へ”

と言われていることに、

大きくうなずいています。

 

我が家の主人は

なかなか実行してくれませんが。。。(汗)

 

洗濯物

洗濯物も、花粉の飛んでいる時期は、

あえて外に干さない

ということも大事ですね。

 

乾燥機をフル活用ですね。

 

布団なんて外に干してはダメですよ。

 

鼻づまりのもとです。

 

うちのお隣さんは、花粉症の時期だけ

コープの宅配サービスを利用したりして

買い物にも出ない工夫をしています。

 

回覧板を持ってくる時も、

ゴーグルのような

しっかりガードできるメガネをして

ササーッと持ってきますよ。

 

今まで話したことは、日常的に

花粉をできるだけ吸い込まない方法でした。

 

病院

実際花粉が入りこんだことによる

症状を緩和するためには

やはりお医者さんに症状を診てもらって

症状に合わせた薬を

処方してもらった方がいいですね。

 

花粉症にもグレードがあります。

 

当たり前ですが、ひどい症状の人には

強い薬をくれますからね。

 

なるべくひどくなる前に受診したほうが

軽い症状で、軽い薬で乗り切ることが出来ます。

 

薬はいつから飲み始めればいい?

1月15日を過ぎたら耳鼻科を受診して、

予防としての薬を処方してもらうようにすると

本当にラクに過ごすことが出来ますよ。

 

目安としては、花粉が飛び始める

2週間くらい前から薬を飲み始めるのが良い

と言われています。

 

今のところ、

私自身この先生の言いつけを守っているためか

ひどい鼻詰まりなどの悪夢は

あのとき以来、味わっていませんので。。。

 

そろそろ花粉に敏感な人は、

始まっているようです。

 

 

今日はもう耳鼻科の前の自転車置き場が

いっぱいでしたから。。。

 

 

わたしもそろそろ薬をもらいに

行こうと思っています。

 

 

生きていくのに大変な病気ではないけど、

每年訪れる憂うつな花粉症の時期、

できるだけラクに過ごしたいものですね。

 

最近の売れ筋マスク情報はこちらの記事をどうぞ。

ZIP花粉症対策マスク2017売れ筋3選の特徴と値段、口コミ!