首都圏の私立中学校の入試は、

2月1日から解禁、

合格発表は即日のところが増えています。

 

1校だけ受験される場合は、

取りこぼしがないようですが、

併願校がある場合などは、注意が必要です。

 

合格したら入学手続きをしながら

一方で、上位志望校への試験を受験する

という同時進行になる場合があるからなんですね。

 

試験をするのはお子様ですが、

手続きをするのは保護者の仕事。

 


せっかくのお子様の努力をムダにしないためにも

合格を勝ち取ったあとの手続きについて

しっかり頭に入れておきましょう!

 


ここでは、

・中学受験、合格後の手続きは何がある?

・お金の準備は何が必要?期限はいつまで?

・できるだけ会社を休まずに入学手続きを済ませるには?

についてお伝えします。

Sposored Link

合格後の手続きは何がある?

合格

 

入試が始まると、誰もが気になる

「合格」への切符!

 

ここで、注意しなければならないことは、

合格後の手続きには締切日があるということです。

 

締切日までにアクションを起こさないと

入学する権利がなくなってしまうという

大事な手続きもありますので、

合格後の手続きにおける注意点をお伝えしますね。

 

合格後の手続きには、次の3つがあります。

・合格証書の受取り

・入学金の支払い

・制服の採寸&注文

それでは、1つずつ見ていきましょう!

 


合格証書の受取り


入試が終わると、早いところでは夕方には

インターネット上に合格発表が掲載されます。

 

インターネットでの発表を行わない学校は、

試験の翌日、学校に掲示されている

合格発表を見に行くことになります。

 

「合格」をゲットしたら、

最初にやらなければならないことは、

合格証書と入学手続き書類一式をもらうことです。

 

通常、合格証書の交付は、

試験日の翌日のみというところが

ほとんどだと思いますが、

学校によってさまざまなので、

募集要項をチェックしてみてくださいね。

 

合格証書は、受験票の提示が必要になりますので、

忘れないようにしましょう!

 


ちなみに、合格した学校が、

第1志望校の場合は、もうその後の受験は

願書を出していても受験されないと思いますので、

お子様と一緒に合格発表を見に行きます。

 


インターネットで番号を見つけた時の喜びは、

何ものにも変えられない喜びがあったと思いますが、

実際、学校に出向いて、

掲示された合格発表の掲示板を目にすると、

喜びが増してきまからね。

 

一生に一度しか無い中学受験の醍醐味を

しっかり味わって、新たなスタートをきるのが

良いと思いますよ。

Sposored Link

お金の準備は何が必要?期限はいつまで?

ATM

入学金の支払いはいくらぐらい?

 

入学金は、学校によってマチマチですが、

だいたい20万円から30万円前後が多いようです。

 

そして、入学までに必要なのは、

入学金だけではないんですよね。

 

施設費や制服代も必要になってきます。

 

施設費

これも学校によるのですが、

15万円~25万円位のようです。

 


ちなみに、娘の学校は、

納入期限が2月10日で

入学金と施設費合わせて約42万円でした。

 

 

制服代

娘の学校は、たぶん高いと思うのですが、

20万円ちょっとでした。

 

制服代のこと、あまり気にしていなかったので、

伝票の数字を見て、二度見したのを覚えています!(笑)

 

息子の時は、14万~15万くらいだったような気が。。。

 

さすがに20万円を超えるとは思っていなかったので、

びっくりでした!

 

制服は、学校によっても、

また、購入する枚数によっても異なると思いますが、

10万円~20万円の間くらいではないでしょうか?

 

入学金と施設費の払込締切日

学校によって異なるのですが。。。

 

たとえば第1志望前に第2志望の

手続き締切日があると、

先に第2志望校へ入学金等を

支払わなければなりません。

 


その後、第1志望校へ合格したら、

もちろんうれしいのですが、

入学金等は第1志望校、第2志望校

両方支払うことになります。

 


なので、合格後に必要となるお金は、

第1志望校の入学金等だけではない

ということを頭に入れて、

しっかり準備をしておかなくてはなりませんね。

 

合格証書と一緒にもらう

入学手続き一式の封筒の中に

手続方法詳細が書かれた冊子が

入っているはずです。

 

手続き期間と手続方法(銀行振込や現金など)を

チェックし、締切日を過ぎないように

入学金等を払い込みましょう!

Sposored Link

できるだけ会社を休まずに入学手続きを済ませるには?

女性

仕事を持ちながら子供に中学受験をさせる

保護者の方もいっぱいいらっしゃると思います。

 

パートの方は、頻繁に休んで

他の人に迷惑をかけたくないなぁ~

と思っている方も多いはず!

 

なので、できるだけ会社を休まず、

手続きをスムーズに済ませてしまう

テクニックをお伝えします。

 

それは、合格証書を受け取る時に

印鑑と入学金等を持っていくことです。

 


合格証書を受け取りに行く時に

書類を受け取るだけで、

印鑑や入学金を持たずに行ってしまうと、

後日、書類を持って

出直さなくてはならなくなります。

 

 

また、別の部屋では、

制服の採寸も行っているんですよね。

 

こちらも見逃されがちではありますが、

必ず必要な手続きとなりますので、

合格証書受取日に済ませておくことを

オススメします。

 


兄や姉がいて、経験済みの保護者の方は、

この流れを把握しているので、

しっかり準備して

1度に済ませてしまう方が多いですよ。

 


ちなみに私は、息子の時に、

1.合格証書を取得

2.入学金支払いと誓約書の提出、制服採寸


と、2回足を運んだので、娘のときには

一度で済ませようと心に決め、実行しました!(笑)

 


どんなことでも、一番上の子供の時は、

ストレートに受け入れてしまうので、

ものすごく非効率なことをしてしまうものです。

 


私立中学という未知の世界、

スタートでしくじらないためにも、

情報をうまく仕入れて、

波に乗っていただけたらと思います。

 

 

今回は、

・中学受験、合格後の手続きは何がある?

・お金の準備は何が必要?期限はいつまで?

・できるだけ会社を休まずに入学手続きを済ませるには?

についてお伝えしました。

 


この学校に入れて良かったと思える

スタートを切るために、

保護者としての大事な仕事、

サクサクっとこなしてくださいね。

 

制服採寸の時の注意点を知りたい方は、

こちらもどうぞ。

私立中学、制服採寸&注文方法で知っておきたいこと、必要アイテム