私立中学の顔とも言える制服。

 

女子であれば、制服へのあこがれから、

あそこの学校に行きたい!

と思い、私立中学を目指し始めた子も

多いと言います。

 

一部の私服の学校を除いては、

みんな制服がありますからね。

 

そんな制服、

採寸してから出来上がりまで

かなりの日数を必要とするのを

知っていますか?

 

なので、合格証書をもらってから

1週間もたたないうちに、

制服採寸の締切日が来てしまうほど。。。

 

そして、何も知識がないまま

制服採寸に突入すると、

聞く人は、制服を採寸してくれる会社の人のみ。

 

学校側の人ではないんです。

 

だからいっぱい注文して欲しい!

という少なからず営業的な立場も

含まれた内容になってしまう

可能性があるわけです。

 

情報を持たずに制服採寸は

ちょっぴり怖いですよ!

 

ここでは、

・制服採寸&注文までに知っておきたいこと

・制服のパーツ、どれを何枚必要とするか?

・先輩や卒業生の知り合いを作る

についてお伝えします。

Sposored Link

制服採寸&注文までに知っておきたいこと

制服採寸

お子様が小学4年生や5年生のとき、

たくさんの学校の文化祭を見に行って

情報をゲットしたと思います。

 

そこには、入試コーナーなど、

学校を知るための情報が集められた教室が

必ず設けられていますよね。

 

その学校に受かるための情報は

積極的に仕入れても、

飾られた制服の話を聞いている人なんて

いなかったような。。。

 

だからなんとなくしか制服を見てないんです。

 

それは当たり前ですよね。

入学できるかわからない学校の制服に

詳しくなる必要は

その時点ではないわけですから。。。

 

でも、合格して、いざ、

制服採寸となった時に、思うんです。

 

あの教室のあの場所に飾ってあった制服、

もっとちゃんと見ておくべきだったと。。。

 

私は、2回も事前に情報を持たなかったことへの

後悔を感じてしまったんです。

 

しかも、娘と息子は違う学校なのに、

同じ思いをしました!

 

きっと、制服を採寸する時は

どこの学校でもこんな感じなのかな?

と思い、制服採寸&注文で知っておいたほうが

良いこととしてシェアしますね。

 


基準となる人のサイズとイメージを

頭の引き出しに持っておく

 

制服は、たくさんのアイテムがある中、

自分の子供が、Sなのか、Mなのか、Lなのか、、、

どのサイズにしていいか、わからないんです。

 

サイズがわからないまま、

試着しながら決めるのですが。。。

 

担当者によってオススメサイズが違うんです。

 

そして、ポイントは、

採寸は、2月はじめなのに、

着用するのは4月。

 


いままでガチガチに勉強ばかりしていた子が、

伸び伸び生活をすると、

身長が急に伸びたりして。。。

 

大きめを買ったはずなのに、

すでにピッチンパッチン

なんて子もいますからね。

 

すぐに買い替えるなんて、、、

もったいないことにならないためにも、

3年間は着られる制服を注文したいですね。

 

その学校に通っている在校生に知り合いがいれば、

その子がどれくらいのサイズを着ているのか、

聞いてみると、イメージが湧くはずです。

 

その子を基準に、

自分の子供の大きさを考えれば

良いわけですからね。

 

何も基準がなく、ただ、

試着して決めるというのは

かなり危険な行為です。

 


必ず必要なものと任意のもの

 

制服を採寸する部屋には、ところ狭しと

色々なアイテムが置いてあって、

ブレザー、スカート、ブラウス、

ポロシャツ、セーター、ベスト、

体操着、ジャージ、靴、カバン、靴下


などなど・・・

 

全部必要なのかと思い、

案内されるまま購入している人が

多いのではないでしょうか?

 

私もそのうちの1人でした!

 


なんの疑いもなく、購入した数々、、、

 


荷物が届いた時は何も感じないのですが、

いずれ、買わなければ良かった!

と言うものが出てくるんです。

 

どういうことかというと、

制服には、指定品と

サブアイテムというものがあって、

指定品は絶対なのですが、

サブアイテムは、使いたい人は、

購入してください。というニュアンス!

 


でも実際のところ、

どれぐらいの方が購入されているのか気になり、

お店の人に聞いてみると、、、

みなさん買われていますね。との回答!

 

ならば購入するしかない!

と言われるままに買ったら、、、

 

サブアイテムのサブバック(お弁当用)と

セーター、ベストは一度も使わずに、

お友達にあげることに。。。

 

よくよく保護者会などで

他のお母さんたちに聞いたところ、

後から買えるものは、情報仕入れてから

買ったほうがいいわよ!

との声。

 

お兄さんやお姉さんをお持ちの経験者は、

余裕で制服採寸もこなしてしまうんですよね。

 

私は、息子の時に3品もったいないことを

経験したのをすっかり忘れて、

娘の学校の制服採寸へ。。。

 

学習能力がなさすぎ!!(汗)

 

基準の大きさがイメージできないから、

係の人がこれぐらいですかね?

と持ってきたブレザーSサイズを着て、

違和感を持ちながらも、スカートの説明へ。

 

スカートはサイズを測って作るので、

まぁ、間違いないとして。。。

やっぱりブレザーのSサイズが

怪しく思えてきた私は、逆走。

 

レーンを戻って、Mサイズを借り、

娘に着せたら、

こっちのほうが合ってると。。。

 


しかも、Lサイズを着せても

違和感がないんです!

 

ということは、もちろん

LサイズでOKなわけで。。。

 

結局、Lサイズを購入しました。

 

未だに疑問なのですが、

あのとき、Sサイズをススメた理由は

なんだろう?

 

ベストのサイズは、Lサイズで、

大きすぎてかっこよくない

という理由で着てません!

 


ベストは、試着なし

「みなさんブレザーと同じ大きさを購入します」

と言う言葉をうのみにして

買ってしまいましたが、

 

体に当ててベストの大きさを

決めればよかったです。

 

また、お友達の娘さんの学校で、

ウィンドブレーカーを注文したら、

一度も着る機会なく6年間終わった

という不思議な経験をされた方も。。。

 

必要のないものにお金を払うのは

もったいないのでできれば避けたいですね。

 

なにが必要で、オプションはこれ!

という情報をあらかじめイメージすることが

賢く制服採寸&注文ができるコツだと思います。

Sposored Link

制服のパーツ、どれを何枚必要とするか?

制服

制服のパーツ、最低限必要なものと

周りの友達の購入枚数をお伝えします。

参考にしてみてくださいね。

 

制服のパーツ 最低限必要なもの(周りの友達


・ブレザーなど上着:夏、冬1枚ずつ

・スカート、ズボン:夏、冬1枚ずつ(2枚ずつ

・ブラウス、ワイシャツ2枚ずつ(3枚ずつ)

・校章入り靴下 3足(3足)

・リボン、ネクタイ(1つ)

・通学カバン(1)

・体操着 1セット(2セット)

 

体操着などは、1セットでがんばれますが、

小学校のように洗い忘れていたから

乾燥させてすぐ持っていくということが

できない中、もしもの時の安全対策として

2セットあると便利ですよ。

Sposored Link

先輩や卒業生の知り合いを作る

先輩や知りあい

同じ小学校出身の先輩で

同じ中学に通っている方

もしくは、卒業された方が入れば、

知り合いになることをオススメします。

 

直接話したことがなくても、

同じマンションに住むお友達の知りあい

というツテを探してみたり、

 

塾が一緒、習い事が一緒など。。。

 

何かしら共通点を見つけることができれば

ラッキーですね。

 

同じ小学校からということで、

先輩の方も気になって

行き帰りの電車の中で

話しかけてきたりすることもあります。

 

積極的にかわいがってもらいましょう!

 

どう考えても、知りあいを作ることは、

ハードルが高すぎて出来ない!

ということでしたら、

お子さんが部活動の先輩に

直接聞くというのも一つの選択肢としてあります。

 

もう一つは、クラスメートの中に、

お姉さんやお兄さんが

同じ学校に在籍している子もいるんですよね。

 

そういうお友達から情報を得るのも

賢いやり方です。

 

ちなみに、我が家の中1の娘は、

同じ小学校出身の先輩から

声をかけてもらい、

一緒に帰ってきたことがあるようです。

 


部活に入る際の上下関係の厳しい部活は

どこかとか、優しい先輩は、●●部だとか。。。

サブバックのリュックはどんなものが

いいか、どこのお店で買うのが良いのか?

 


などなど、、、

いろいろ教えてもらったようです。

 


今は、部活の先輩が要注意の先生とか、

勉強しておいたほうがいい先生など、

成績に関係してくる情報ももらってます。

 

ちなみに、私は、

卒業生のお母さんと買い物先で

よくお会いするので、

1年間の行事のことや役員のこと、

大学進学のことなどを教えてもらってます。

 

 

どんなときでも、

先を歩いている人に聞いてみるのが

一番いい方法です。

 

制服だけに限らず、

さまざまな分野で情報を得ることが

楽しい中学生活を送るキモになると思いますよ。

 

今回は、

・制服採寸&注文までに知っておきたいこと

・制服のパーツ、どれを何枚必要とするか?

・先輩や卒業生の知り合いを作る

についてお伝えしました。

 

入試が始まれば、あっという間に

制服採寸、入学式となります。。。

 

楽しい中学生活を送るために、

1つずつ、着実に階段を登る

成功体験を積み重ねてあげましょう!

 

 

女子中学生、ローファー(革靴)選びが気になる方は、

こちらの記事もどうぞ。

女子中学生、初めてのローファーの選び方と幅広・甲高の人の口コミ

 

 

中学受験、合格したあとの必要な手続きについて

くわしく知りたい方は、こちらをどうぞ。

中学受験、合格したあとの必要な手続きとお金の準備や期限は?

中学受験、教科書配布はいつ?宿題は出る?塾はいつから?